Category : 女帝と易姓革命
◆「女帝と易姓革命―ナカツスメラミコトの物語」◆ (第1回)

 さて、これからしばらく「女帝と易姓革命―ナカツスメラミコトの物語」といふテーマで文章を書きたいと思ひます。古代日本の女帝はついには易姓革命の思想を生むに至つたといふ物語です。女帝のことを中天皇(ナカツスメラミコト)とも呼びますが、私のナカツスメラミコトの物語は神護景雲四年(770年)、称徳天皇の崩御をもつて幕を閉じます。日本に易姓革命が起きてゐたら今の天皇制度はないわけですが、易姓革命が起きる一歩手前のところで回避されたのです、称徳天皇の崩御によつて。

 我が国の女帝は、推古(在位592-628)皇極(642-645)斉明(655-661、皇極重祚)持統(称制686-689、在位690-697)元明(707-715)元正(715-724) 孝謙(749-758)称徳(764-770、孝謙重祚)明正(1629-1643)後桜町(1763-1770)と8代10女帝を数へます。しかし称徳天皇から860年あまり隔たつた江戸時代初期に明正天皇が即位された頃には、女帝は天皇であつて天皇ではない、つまり女性天皇は名前だけの天皇にすぎないといふことがほとんど日本人の一般認識になつてゐたやうに思はれます。

 このナカツスメラミコトの物語は、途中あつちこつちに寄り道をしながら書き進めるつもりですから、終幕にたどりつくまで多少時間がかかるかもしれません。そのつもりでお読み下さい。

 それにしても次から次によく出るものです。女帝・女性天皇を扱つた本のことです。『日本の女帝』『日本の女帝の物語』『女帝の日本古代史』『古代日本の女帝とキサキ』『暁の女帝推古』『鉄の女帝持統』『物語日本の女帝』『女帝と皇位の古代史』『女帝の国、日本』『可能性としての女帝』『女帝―古代日本裏面史』『女性天皇』『日本の女性天皇』『古代日本の女性天皇』『女性天皇論』『歴史で読み解く女性天皇』『女性天皇誕生の謎』・・・・・。最近も岩波新書から『女帝の古代日本』(吉村武彦著)といふ本が出版されました。
 
 これらの本が主張したいことはただひとつ、女帝は中継ぎ的存在ではなかつたといふことです。曰く、女帝は天皇として権力を行使した、女帝は実権を握つてゐた、女帝も執政能力は男性天皇に劣らなかつた、女帝も多くの政治的業績をあげた、等等。女帝礼賛の声に満ちてゐることに驚かされます。

 私はこれらの本の基底にあるものを、女帝皇国史観と呼んでゐます。皇国史観とは「大和朝廷の支配を美化し、日本全史を通じて天皇の絶対化と天皇家の省長を中心的事件とみなす史観」(角川『日本史辞典』)のことで、簡単に言へば天皇絶対主義史観のことですが、女帝はあれもやつたこれもやつたと、女帝を美化してやまないこれらの女帝本に共通する思想は、まさに女帝皇国史観と呼ぶしかないものです。これらの著者たちはもちろん皇国史観の持ち主ではありませんが、かれらは時流便乗者といふ点で戦前の皇国史観鼓吹者と実によく似てゐると思ひます。

 これらの本を読むと、だれしも不思議に思ふはずです。女帝の時代がそんなに素晴らしかつたのなら、なぜ女帝の時代はずつと続かつたのだらうか、と。なぜ女帝の時代は1300年も前に幕を閉じてしまつたのでせうか? それをあらためて追求しようといふのがこの「女帝と易姓革命―ナカツスメラミコトの物語」なのです。 









 
スポンサーサイト
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ