Category : 御陵御葬儀改変問題
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆天皇と皇后は《対等》ではない―御陵御葬儀改変に思ふ(その三)

 ―天皇の《火葬》を恒久化することは許されない―


 宮内庁は十一月十四日、
 ・「今後のご陵及びご喪儀の在り方についての天皇、皇后両陛下のお気持ち」
 ・「今後の御陵およびご葬儀のあり方」
 といふ二つの文書を発表した。前者は、天皇と皇后の「お気持ち」が詳述された長大な文書である。従つて、後者の「今後の御陵およびご葬儀のあり方」は前者の「お気持ち」に記された天皇と皇后の御意思の体現とみて差し支へないと思ふ。

 ところが、この文書の冒頭に、驚くべき文言を我々は発見する。

 今回の検討は、天皇と皇后の葬儀について、
 《将来にわたって基準となり得るもの》
 とある。

  基準? この「今後の御陵およびご葬儀のあり方」の中心テーマは、説明するまでもなく、《火葬》の採用である。ならば、天皇の《火葬》を将来にわたつての《基準》とする、といふ意味にしか理解できない。
 
 なるほど、《火葬》を採用した場合の「基準」と読めなくもない。しかし、文書の中に火葬方法が詳述されてゐるわけでもなく、さうした意味でないことは本文を読めば明らかになる。

 《火葬導入の考え方》といふ項目が出てくる。
 
《 ○火葬導入の考え方
 (1)皇室において土葬、火葬のどちらも行われてきた歴史があること
 (2)わが国の葬送方法のほとんどが、既に火葬となっていること
 (3)葬送方法について、天皇のご意思を尊重する伝統があること
 (4)火葬の導入によっても、ご身位にふさわしい葬儀が可能であること 
    ―などから、火葬がふさわしいと考えるに至った。》

 《火葬導入の考え方》として、火葬に変更する理由を一方的に並び立てるのみで、天皇の葬送において土葬が主として採用されてきた由来や理由にはまつたく触れるところがない。

 つまり、《火葬導入の考え方》そのものが、将来の《基準》とされると受け取るほかはないのだ。
 
 しかし、《火葬》を将来の《基準》とすることなど、はたして許されることなのだらうか?

 《火葬導入の考え方》の(3)として、《葬送方法について、天皇のご意思を尊重する伝統があること》があげられてゐる。天皇はこの伝統をふまへて、三百五十年間続いてきた土葬を火葬に転換することを決意されたのであらう。

 それなら当然、後代の天皇も土葬か火葬かをお決めになる自由がなければならない。後代の天皇の御意思も尊重されなければならない。しかし、このやうな形で、《火葬》が天皇葬送の《基準》にされれば、後代の天皇は土葬か火葬かを選択する自由が奪はれてしまふ。これは、後代の天皇の御意思に対する侵害以外の何物でもない。

 葬送方法においては、誰も後代の天皇の御意思を拘束することはできない、たとへ今上天皇といへども。



 ********************************


 「今後の御陵およびご葬儀のあり方」の「要旨」は次の通り。

 【1】はじめに

 葬儀の検討は、火葬が望ましいとされる天皇、皇后両陛下のお考えを踏まえて行われた。火葬は皇室の伝統にかなうものであるが、他方で、江戸時代前期からの例である土葬を改めるという面もある。本検討は象徴およびそのご配偶という特別のお立場にある方の葬儀について将来にわたって基準となり得るものであり、慎重な検討が求められた。

 【2】検討に当たっての基本的な考え方

 〇天皇陛下、皇后陛下のそれぞれのご身位にふさわしい陵、葬儀とする。

 〇皇室の伝統と、昭和天皇の「大喪儀(たいそうぎ)」などの先例を基本としつつ、社会や国民意識の変化を踏まえる。

 〇国民生活に影響が及ぶことを極力少なくする。

 【3】検討内容

 〈一〉今後の陵のあり方について

 (1)陵建造の考え方

 〇静安と尊厳が、陵の独立性を維持することにより確保できる。

 〇武蔵陵墓地の将来の利用可能性を高めるよう、適切な規模にする。

 〇風格と高雅な趣を備えた陵とする。

 〇将来、天皇陵および皇后陵で行われる祭祀が、それぞれの陵で厳行できるような形状とする。

 【1】はじめに

 葬儀の検討は、火葬が望ましいとされる天皇、皇后両陛下のお考えを踏まえて行われた。火葬は皇室の伝統にかなうものであるが、他方で、江戸時代前期からの例である土葬を改めるという面もある。本検討は象徴およびそのご配偶という特別のお立場にある方の葬儀について将来にわたって基準となり得るものであり、慎重な検討が求められた。

 【2】検討に当たっての基本的な考え方

 〇天皇陛下、皇后陛下のそれぞれのご身位にふさわしい陵、葬儀とする。

 〇皇室の伝統と、昭和天皇の「大喪儀(たいそうぎ)」などの先例を基本としつつ、社会や国民意識の変化を踏まえる。

 〇国民生活に影響が及ぶことを極力少なくする。

 【3】検討内容

 〈一〉今後の陵のあり方について

 (1)陵建造の考え方

 〇静安と尊厳が、陵の独立性を維持することにより確保できる。

 〇武蔵陵墓地の将来の利用可能性を高めるよう、適切な規模にする。

 〇風格と高雅な趣を備えた陵とする。

 〇将来、天皇陵および皇后陵で行われる祭祀が、それぞれの陵で厳行できるような形状とする。

 〇合葬ではなく、天皇陵と皇后陵が一体的な陵となるよう建造する。

 (2)新たな陵の具体的な内容

 ○建造場所

 大正天皇陵の西側に建造する。

 ○規模

 天皇陵および皇后陵の面積を約3500平方メートルとし、昭和天皇陵と香淳皇后陵の合計面積(4300平方メートル)の8割程度の規模とする。

 ○形状

 両陵は上円下方(じょうえんかほう)の落ち着いたたたずまいとする。

 ○兆域(ちょういき)(特に管理を厳重にすべき敷地部分)

 両陵の兆域は墳丘の配置に合わせ、定める。

 ○両陵の配置

 (1)一つの敷地に作る。

 (2)同一敷地内に寄り添うように配置する。

 (3)陵域全体を一体的に整備する。

 〈二〉今後の葬儀のあり方について

 (1)火葬の導入

 ○火葬導入の考え方

(1)皇室において土葬、火葬のどちらも行われてきた歴史があること

 (2)わが国の葬送方法のほとんどが、既に火葬となっていること

 (3)葬送方法について、天皇のご意思を尊重する伝統があること

 (4)火葬の導入によっても、ご身位にふさわしい葬儀が可能であること

 -などから、火葬がふさわしいと考えるに至った。

 ○火葬施設の確保

 専用の火葬施設は、その都度、武蔵陵墓地内に設置する。

 (2)葬儀全体の組み立て

 ○火葬導入に伴う儀式のあり方

 (1)火葬導入に伴う儀式として、火葬の前に小規模な葬送儀礼が行われる。

 (2)火葬導入に伴い追加、変更となる儀式は皇室祭儀のなさり方に沿う。

 ○「葬場殿の儀」

 葬場については今後

 (1)格式の高い場所であること

 (2)国民生活への影響の少ないものとすること

 (3)暑さ寒さや、集中豪雨や竜巻などにも対応できる安全な場所であること

 (4)樹木の伐採を伴わないなど、環境への配慮が可能な場所であること

 -などの観点を踏まえ、検討を進める。

 ○皇后、皇太后、太皇太后の葬儀

 皇后、皇太后、太皇太后の葬儀については、これまでと同様、「大喪儀」とし、「天皇大喪儀」に準じて執り行われる。

 【4】おわりに

 将来の国民に、この取りまとめに沿った陵および葬儀の姿を通して、平成という時代が、そしてその時代を国民と共に歩まれていらっしゃる両陛下のお心、お姿が正しく伝わっていくことを願っている。



スポンサーサイト
◆天皇と皇后は《対等》ではない―御陵御葬儀改変に思ふ(その二)

  ―《合葬》は天皇制度を崩壊させる―


  天皇と皇后の《合葬》は、天皇制度を崩壊させかねない危険極まりないものである。この余りにも明白なことをどうして誰もきちんと指摘しようとしないのだらう? 私は不思議でしようがない。

 《合葬》は、天皇制度にとつてなぜ危険なのかといふと、難しいことではない。《合葬》によつて、天皇と皇后は《対等》になつてしまふからである。

 具体的な事例をあげて説明しよう。

 御陵において執り行われる祭礼に、例祭と式年祭がある。

 例祭と式年祭の対象は、いふまでもなく先帝はじめ歴代天皇である。

 しかし天皇と皇后が《合葬》された御陵といふことになるとどのやうなことが起きるか。参列者は天皇の御霊に拝礼すると、皇后の御霊にも同時に拝礼することになつてしまふのだ。天皇と皇后の御霊を分離することはできないからである。

 歴代皇后には天皇のやうな例祭と式年祭はないけれど、先后については、例祭と式年祭が御陵においても執り行はれる。天皇と皇后が《合葬》された御陵になるとどうなるか。参列者は皇后の御霊に拝礼する。同時に天皇の御霊にも拝礼する。しかし、祭礼の主体はあくまで皇后であるから、天皇は、俗な言葉でいへば「脇役」として拝礼を受けるといふ、見様によつては「不敬」以外の何物でもない事態が生じてしまふのだ。

 天皇皇后の《合葬》御陵で一番恐ろしいのは、御陵が必然的に世俗墓化するといふことだ。

 ○○家の墓といふ世俗墓は、先祖代々が眠る合葬墓である。○○家の墓においては、遠い祖先も近年物故した家族も、○○家のひとりとして等しく祀られてゐる。御仏の上下関係はまつたくない。すべて《対等》である。

 天皇と皇后の《合葬》御陵も、《合葬》である限り、世俗墓のそのやうな性質を帯びるのは避けられない。すなわち天皇の御霊と皇后の御霊の《対等》化である。

 天皇、皇后、皇太后の墓所を御陵といふが、大正十五年に制定された皇室陵墓令において、御陵の兆域面積は、

 ・天皇陵―2500平方メートル
 ・皇后陵及び皇太后陵―1800平方メートル

 と定められた。  

 御陵の兆域面積の差異は、単なる御陵の規模の差異ではない。天皇と皇后・皇太后の立場上の違ひを、御陵の大きさの差異で表現してゐるにすぎない。天皇といふ地位の特殊性は、陵墓にあつては、外形上の大きさによつて表現するしかないともいへる。天皇陵と皇后陵が一体となつた《合葬》御陵では、天皇といふ地位の特殊性を示すことができないのは明白だ。

 我が国の歴史上、天皇と皇后が《対等》であつたことはないし、《対等》であつてはならない。現行皇室典範でも、皇后は身位(皇族の身分)において筆頭の身位を有する《皇族》と規定されてゐる。皇后は《皇族》なのだ。皇后であつても他の皇族であつても、天皇が《皇族》と《対等》の扱ひを受けることになつたら、天皇といふ制度は崩壊する。

 陵墓の面から天皇と皇后が《対等》になつてしまつたら、現身の天皇の在り方にも影響を与へずにはおかないだらう。現身の天皇の皇后との《対等》化は時間の問題である。

 天皇と皇后の《合葬》御陵の危険性とは、さういふことだ。

◆天皇と皇后は《対等》ではない―御陵御葬儀改変に思ふ(その一)

 昨年四月、宮内庁が天皇・皇后の埋葬方法を「天皇、皇后両陛下のご意向を踏まえ、火葬に変更する方向で検討する」「合葬についても視野に入れて検討する」と明らかにした時、私はある名状しがたい感情にとらはれた。それは、天皇といふ制度にある重大な改変がなされようとしてゐるといふ危機感、女系天皇問題に対した時と同質の危機感にもとづくものであつた。

 この時の私の危機感は、宮内庁による公表のされ方にも深く関係してゐた。発表したのが、女系天皇の旗振り役である羽毛田信吾・宮内庁長官。この佞臣が定例会見の席上で、唐突にペラペラしゃべり始めたのである、このやうな重大な問題を。しかも公表の時期が、羽毛田が長官を退任する直前といふタイミングで、女系天皇問題の帰趨も予断を許さない時だつたから、私の危機感は一層倍加した。 

 私は、御陵御葬儀の唐突な発表の裏に、羽毛田を筆頭とする宮内庁佞臣勢力による姦計があると読んでゐた。そして、そのことをこのブログにも書いた。しかし、この問題に関するその後の推移をみて、さらに、今回宮内庁から発表された「天皇皇后両陛下のお気持ち」「今後の御陵およびご葬儀のあり方」といふ文書を読むに及んで、この時の私の読みは誤つてゐたことを知らされた。火葬と合葬は天皇御自身が強く望まれたものだつたことはもはや疑ふ余地がない。

 私は、火葬への改変よりも、合葬への改変の方がはるかに大きな問題と考へてゐた(天皇皇后の合葬は天皇を天皇でなくする―)。今回の改変では、火葬は採用されたが、合葬は見送られた。しかし私は、多くの保守派知識人たちのやうに、合葬が見送られ、最悪の事態は回避された、などと安堵する気持ちにはとてもなれない。

 以下、その理由を説明したい。

    (この項続く)

  ******************************


「今後のご陵及びご喪儀の在り方についての天皇、皇后両陛下のお気持ち」の全文は次の通り。


 昨年秋、皇后陛下のお誕生日に際し、宮内記者会から皇后陛下に、今後の御陵および御喪儀の在り方についてのお気持ちをお聞かせいただきたいという質問があり、その折、皇后さまには、このようなことを陛下に先立ちご自分がお答えになることへのご懸念がおありのようで、どうしたものか長官、侍従長にお問い合わせがあった。このご懸念はもっともなことであり、宮内庁としても、いずれ天皇、皇后両陛下のお気持ちをご一緒にお示しいただくことが望ましいと判断し、また、その時期もお誕生日というご慶祝の機会ではなく、あらためて別の機会にしていただくよう両陛下にお願い申し上げてきたところである。

 一方、両陛下からは、今後の御陵および御喪儀の在り方について、かねてよりご意向をお示しいただいてきたところであるが、この質問の出された昨年来、さらに折に触れて、ご意向をお伺いする機会を頂き、今回、宮内庁として両陛下のご了解を得てお気持ちをおまとめしたので、これをもって、質問に対する回答とするものである。

 【検討に至る経緯について】

 天皇、皇后両陛下には、ご即位以来、国と社会の要請や人々の期待にお応えになり、象徴として、あるいはそのご配偶として心を込めてお務めをお果たしになっていらしたが、いつとはなしに、将来のお代替わりのことについて思いを抱かれるようになり、また武蔵陵墓地の御陵をご参拝の機会にも、今後の御陵の在り方について思いを致され、かなり早くから、お二方の間で御陵および御喪儀のことについてお話し合いになるとともに、このようなことはご自身方のお気持ちだけで決められることではないからと、折に触れ長官や参与の意見にも耳を傾けていらっしゃった。

 御陵および御喪儀の検討の内容については、基本的には皇室の方々ご自身でお決めいただくことで、またことがらの性格上、必ずしも公表を要しないところであるが、上記の宮内記者会からの要望を受け、また、検討の結果を正しく国民に伝えることも必要であると考え、このことを両陛下にご説明の上、大まかなところを公表させていただくこととしたものである。

 【今後の御陵および御喪儀の在り方全般について】

 天皇陛下には、皇室の歴史の中に、御陵の営建や葬儀に関し、人々に過重な負担を課することを望まないとの考え方が古くよりあったことに、かねてより思いを致しておられ、これからの御陵や御葬送全体についても、極力国民生活への影響の少ないものとすることが望ましいのではないか、とのお気持ちをお持ちであった。

 同時に陛下には、これまで長きにわたり従来の皇室のしきたりはできるだけこれを変えず、その中で今という時代の要請も入れて行動することを心掛けていらっしゃり、御陵および御喪儀の在り方についても、そのお気持ちに変わりはない。

 【御陵について】

 天皇陛下には、昭和天皇陵と香淳皇后陵が大正天皇陵と貞明皇后陵の場合と異なり、隣接して平行に設置される形になっていないことをご覧になり、御陵用地に余裕がなくなってきているのではないかとのご感想をお述べになってこられたことは、昨年4月の発表の際にお伝えしたところであるが、陛下には、このように武蔵陵墓地内に御陵用地を確保するには限度があることをおもんばかられ、今後品位を損なうことなく御陵を従来のものよりやや縮小することができれば、とのお気持ちをお持ちになったところである。

 また、御陵をやや縮小することにより、武蔵陵墓地内に、昭和天皇陵、香淳皇后陵をお囲みする形で、ご自分方お二方を含めこれからも何代かにわたり御陵が営建され、皆さまが離れ離れにならずにお鎮まりになることが可能になるのではないかとのお気持ちもおありであった。さらに、天皇陛下には、御陵の歴史の中で、かつて合葬の例もあったことから、合葬という在り方も視野に入れてはどうか、とのお考えをお持ちであったが、この合葬とすることについては、皇后さまから、ご自身昭和の時代にお育ちになり、「上御一人かみごいちにん」との思いの中で、長らく先帝陛下、今上陛下にお仕えになってきた経緯からも、それはあまりに畏れ多く感じられるとされ、また、ご自分が陛下にお先立ちになった場合、陛下のご在世中に御陵がつくられることになり、それはあってはならないと思われること、さらに、遠い将来、天皇陵の前で祭事が行われることになる際に、その御陵の前では天皇お一方のための祭事が行われることが望ましく、陛下のお気持ちに深く感謝なさりつつも、合葬はご遠慮あそばさねばとのお気持ちをお示しであった。

 ただ、御陵の大きさや配置に配慮することで、ご自分方をはじめとし、せめて昭和天皇を直接間接にお身近に感じ上げている世代の方々が、昭和天皇、香淳皇后のお近くにお鎮まりになることができれば、とのお気持ちは皇后さまも陛下と共通してお持ちであり、その上で、用地の縮小という観点、また、合葬をとの陛下の深いおぼしめしにお応えになるお気持ちからも、皇后陵を従来ほど大きくせず、天皇陵のおそばに置いていただくことは許されることであろうか、とのお尋ねがあった。

 【ご火葬について】

 御喪儀の在り方に関する事柄のうち、ご葬法については、天皇、皇后両陛下から御陵の簡素化という観点も含め、火葬によって行うことが望ましいというお気持ちを、かねてより頂いていた。

 これは、御陵用地の制約の下で、火葬の場合は御陵の規模や形式をより弾力的に検討できるということ、今の社会では既に火葬が一般化していること、歴史的にも天皇、皇后の葬送が土葬、火葬のどちらも行われてきたこと、からのお気持ちである。

 ご火葬施設について、両陛下のご身位に鑑み、既存の施設によらず、多摩の御陵域内に専用の施設を設置申し上げたい旨、両陛下に申し上げたところ、その場合には節度をもって、必要な規模のものにとどめてほしい、とのお気持ちをお示しであった。

 【葬場殿の儀の場所について】

 国葬の場合は、その関係者の意見もあろうが、崩御後、皇室として執り行う葬場殿の儀の場所については、国民が広く利用している場所を長期間占用したり、葬場の設営に際して多くの樹木の伐採をしたりすることがないかなど、国民生活や環境への影響といった点に留意する必要がある、とのお考えをお持ちである。

 さらに両陛下には、近年特に顕著になっている気象条件の急激な変化を非常に心配しておられ、御喪儀に参列される内外の方々に万一の事があってはならず、暑さや寒さに加え、集中豪雨や竜巻などの可能性も十分考慮し、出席者の安全確保ができる場所を、皇太子殿下や秋篠宮殿下など殿下方のご意見も伺いつつ選定してほしいとのお気持ちをお示しいただいたところである。
















プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。