Category : 「ゲイ帝国主義化するアメリカ」とフェイスブックの同性愛ビジネス戦略
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆「ゲイ帝国主義化するアメリカ」とフェイスブックの同性愛ビジネス戦略(2)

  ―オバマのゲイ帝国主義化路線を操る「世界最強のゲイ」―



 
 オバマ大統領のゲイ帝国主義化路線を考察するには、あるゲイの存在を抜きにして語ることができない。

 その人物をクリス・ヒューズといふ。

 Facebookの共同創設者のひとりで、2008年のアメリカ大統領選挙ではオバマのインターネット戦略を担当、ネットを通じて巨額の選挙資金を集めることに成功し、「オバマを大統領した若者」として脚光を浴びた。

 クリス・ヒューズは世界で最も影響力を有するゲイと呼ばれ、二年前にショーン・エルドリッジといふ男性と「結婚」。(私は同性婚なるものを認める立場にないので、カギカッコつきの「結婚」は「疑似結婚」の意味。以下同)

 ショーン・エルドリッジは、同性婚の合法化推進団体「Freedom To Marry」を主宰するゲイである。

 つまり、オバマ大統領のゲイ帝国主義路線に最も影響力を有する人物は、世界で最も影響力を有するゲイなのであり、そのまた「結婚」相手は、同性婚合法化運動の活動家といふ構図である。

 クリス・ヒューズはFacebookを退社してからも、Facebookの共同創設者であり現CEOであるマーク・ザッカーバーグとは親密な関係を保つてゐて、Facebookはオバマ大統領のゲイ帝国主義路線を全面的に支援してゐる。
 
 12億人が登録する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)企業であるFacebookはどのやうな形で、アメリカのゲイ帝国主義路線に関与してゐるのか。その実態を垣間見せてくれる動きがソチ五輪期間中に起きた。

 (この項続く)
スポンサーサイト
◆「ゲイ帝国主義化するアメリカ」とフェイスブックの同性愛ビジネス戦略

 ―ソチ五輪を宣伝に利用したアメリカのゲイ勢力―



 同性婚の合法化に狂奔する近年のアメリカをみてゐると、まるで「ゲイ帝国主義化するアメリカ」そのものではないか。

 オバマが大統領に就任してからといふもの、大統領、連邦政府、連邦最高裁は一斉に同性婚合法化に方向に突き進み、州政府も雪崩をうつたやうに同性婚合法化に走り始めてゐる。

 同性婚の完璧な国法化を目指してゐるゲイの権利活動家たちは、同性婚には反対する企業などを告発して血祭りにしてやらうとアメリカ中に目を光らせてゐる。アメリカは、同性愛への嫌悪を示すことはもとより、同性婚への反対を表明することさへ「犯罪」とされかねない時代がそこまできてゐるのだ。

「ゲイ帝国主義化するアメリカ」の野望は今や、世界のあらゆる国に同性婚を合法化させることに向かれてゐる。

 ロシアで開催されたソチ五輪を「ゲイ帝国主義化するアメリカ」が自分たちの活動を世界にアピールする絶交の機会として利用した。

 プーチンがロシアで同性愛宣伝規制をやつてくれたおかげで、「ゲイ帝国主義化するアメリカ」の諸勢力はプーチンとロシアを同性愛差別主義国として存分に攻撃することができた。

 世界にはイスラム諸国やアフリカ諸国など、同性婚はもとより同性愛行為を犯罪視する国も少なくないといふのに、「ゲイ帝国主義化するアメリカ」は攻撃の矛先をプーチン・ロシアに集中させた。オリンピック期間中のロシアを狙へば世界へのアピール度が高いからである。


 「ゲイ帝国主義化するアメリカ」の世界戦力において、核弾頭的役割を果たしてゐるのは民間企業である。その企業名を Facebook といふ。

 (この項続く)
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。