Category : 安倍首相の「専業主婦撲滅計画」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■待機児童問題を誇大宣伝してきた自民党政府



 
 保育園の待機児童問題で、一般国民は、保育園をもつとつくれと叫ぶモンスター女やフェミニストたちを前に、「皆さまのご怒りはごもつともでございます」とひたすら受け身に回る自民党政府といふ図式で見てゐるかもしれない。
 
 モンスター女たちに自民党政府が保育所枠の拡大を迫られるといふ図式である。
 
 保育園落ちたみたいなクソブログに安倍政権が震へ上がり、保育所枠を増やすために、あれもやります、これもやりますと慌てふためく様を見せられると、そのやうに見えるのも無理はない。
 
 しかし、これは待機児童問題におけるまつたくの誤解だ。
 
 なぜなら、待機児童問題をフェミ二ストたちと一緒になつて煽りに煽つてきたのは、ほかならぬ自民党政権なのだから。
 
 「日本に待機児童はこんなにたくさんゐるんですよ!」と宣伝につとめてきたのは自民党政府である事実を国民の大部分は知らない。
 
 待機児童問題を煽るために自民党政府によつて発案されたのが「潜在的待機児童」といふ言葉である。
 
 話は小泉政権時の十数年前にさかのぼる。
 
 内閣府の男女共同参画会議が平成13年に作成した「仕事と子育ての両立支援について」といふ提言書に次のやうな文言が盛り込まれた。
 
 《待機児童の解消をめざし、潜在的な需要を含め、達成数値目標及び期限を定めて実現を図る。》
 
 このフェミニズム提言書は、待機児童の《潜在的な需要》といふ言葉が初めて登場した政府文書としてのちのちまで重要な意味を持つことになる。
 
 男女共同参画会議の議論の中では、待機児童の《潜在的な需要》について、「30万人」といふ説も飛び出し、この潜在的待機児童30万人説に飛びついたのが小泉首相だつた。
 
 待機児童がそんなに存在するならこれを小泉内閣の目玉にしようと、待機児童ゼロ作戦として大々的にアピールすることになつたのだ。かくて、潜在的待機児童30万人説は半ば政府公認の数字として使はれ始めたのである。
 
 ロクな定義も根拠もない潜在的待機児童がここからひとり歩きをはじめ、その数字も、30万人から40万人、60万人と膨張を続け、最近では100万人といふ数字まで出現する有様だ。
 
 小泉首相が待機児童ゼロ作戦の中核に位置付けたのが保育事業への民間企業の参入だつた。
 
 保育園経営に民間企業が参入すればコストも下がつて、保育所がもつともつと増えていきますと小泉首相はまことしやかなウソを垂れ流した。
 
 小泉首相にとつては、待機児童ゼロ作戦は小泉構造改革=民営化のPRにもなるといふメリットもあつた。
 
 保育所が足りない足りないといふ声が大きくなればなるほど、小泉首相にとつては都合がよかつた。それなら保育事業にも民間活力をもつと利用しませうよ、といへばいいからである。
 
 小泉内閣によつて創始された潜在的待機児童数の誇大宣伝は、その後の自民党政府に引き継がれた。今の安倍内閣もこれを忠実に実行してゐることはいふまでもない。
 
 政府は保育園をどんどんつくりますから、女性はみんな子供を保育園に預けて外に働きに出ませう―。

 安倍首相がこんな猫なで声ばかり出すものだから、必然的にモンスター女たちは増長する。

 馬鹿みたいな話である。待機児童問題で騒ぐモンスター女たちを出現させた元凶は、自民党政府の待機児童誇大宣伝にすぎないのだ。自分たちが生み出した怪物に攻撃されて恐れおののく安倍内閣のザマは自業自得といふしかない。






 
スポンサーサイト
■モンスター女を生んだフェミバカ政権
 「保育園落ちた」ブログにオタオタする安倍首相の醜態
 

 
 
 「保育園落ちた日本死ね」ブログをめぐる安倍官邸の右往左往ぶりは、もはや醜態の極みと呼ぶしかない。
 
 薄汚い言葉(これ、言葉か?)に満ちた「保育園落ちた日本死ね」ブログの醜悪さと、起きてゐる事態がまるで理解できずオタオタしてゐる総理大臣の醜態ぶりが、この問題の本質を実によく物語つてゐる。

 安倍首相は、国会で「保育園落ちた」ブログ問題が取り上げられた時、はじめにかう言つた。
 
 《本当に起こつてゐるのか確認しようがない》
 
 国会で次にブログ問題が取り上げられ、福島瑞穂に「政策の失敗」といはれた時、かう述べた。
 
 《政策の失敗といふが、失敗ではなくて、福島委員が政権におられたときよりも20万人、40万人増やしてゐるんですよ》
 
 と、声を荒げてこのフェミニストに反論したのだが、国会で三度目の答弁はといふと。
 
 《子供を産み育てる若い家族を取り巻く環境を、もつと温かく配慮に満ちたものにしなければなりません》

 《(2万8千人の署名を)私も拝見しました。なかなか保育所に預けることができないといふ切実な思ひが伝はつてきました》

 《仕事と子育てが両立できるよう働く方々の気持ちを受け止めながら、待機児童ゼロに向けて万全を期していきます》
 
 福島瑞穂に色をなして反論した勢ひいはどこへやら、ひたすら低姿勢に転じたのだつた。

 君子ならぬ小人総理の態度豹変の理由はただひとつ。「保育園落ちた」ブログがネット上で影響力を増し、野党に参院選で「待機児童」問題を争点化されればまずい。ここはひたすら低姿勢をつらぬかう、と。
 
 要するに自民党が女性有権者の動向に恐れをなしたといふおそまつ極まりない構図なのだが、たかがブログ一本の記事が、それが自然発生的に拡散したものにせよ、計画的に練られたものにせよ、その影響力に政権党がおののくといふ醜態。

 それにしても、「保育園落ちた」ブログは言葉使ひといひ内容といひ、書いた当人の下劣な精神をよく示してゐる。市役所だとか学校だとかにねじ込むモンスター女の典型といへるが、こんなモンスター女の書いたブログがそこらのクズブログと一緒に埋没しなかつたのはなぜなのか? 

 それはブログの中に「一億総活躍社会」といふ言葉を登場させたからだ。

 「一億総活躍社会」を持ち出したことで、モンスター女のヒステリックな喚き声が、もつともらしい要求に化けて、あれよあれよといふ間に「ごもつともな御主張」に祭り上げられてしまつたのだ。

 こんなモンスター女を出現させた元凶は誰かといふと、それははつきりしてゐる。

 「女性が輝く社会に」だの「一億総活躍社会」だのといふ歯の浮くやうなスローガンを日本の女たちに振り撒いてきた安倍首相、その人しかゐない。

 頓馬な総理大臣はまだそのことに気づかない。悲劇といふべきか喜劇といふべきか。

 (この項続く)




 

■ミヤザキ・ケンスケ君への手紙
 安倍フェミニズム路線の忠実な実践者であるあなたへ




 ミヤザキ・ケンスケ様

 冠省

 不倫報道に関するあなたの釈明・議員辞職会見を観た国民の間から、議員辞職を惜しむ声が出なかつたことは誠に遺憾なことでありました。

 しかし、あなたの会見は日本の若者に希望を与へるものであつたと私は思つてをります。

 あなたは議員仲間からはチャラ男と呼ばれてゐたさうですが、失礼ながら、テレビ画面から受けたあなたの印象はまさにこの呼び名にふさわしかつたと申し上げるほかありません。このやうな人物でも国会の赤絨毯を踏める!といふことを天下に知らしめてくれたおかげで、世のチャラ男たちに希望を与へてくれたからです。

 さて、私は釈明会見をテレビで拝見してゐて、あなたが気の毒でなりませんでした。ミヤザキ君は安倍首相のフェミズム路線を忠実に実践しただけなのに、こんなにイジメられて、可哀想にと。
 
「女性が輝く社会」だとかのスローガンの下に推進される安倍内閣の女性政策を私はフェミ二ズム路線と呼んでゐますが、専業主婦の存在などもつてのほかといふ思想をお持ちの安倍首相(この方は配偶者控除の廃止がお望みのやうです)からすれば、ミヤザキ君なんかは、前の奥さんも国会議員で共働きだつたのだし、今の奥さんも国会議員で共働きなのですから、ミヤザキ君御夫婦は言つてみれば安倍フェミニズム政策の鑑みたいなものでありませう。

 男性の育児休業ももちろん、安倍フェミニズム政策の目玉のひとつです。安倍首相は国会の施政方針演説でも言つてますね。

《男性による育児休業を積極的に促す事業者には、新しい助成金を創設します。》 

 男性の育児休業といふ発想は、育児負担を女性だけに押し付けるのは不公平だ、男にもやらせよ、といふフェミニズムの産物にほかなりません。

 もともと、女の側から男の側に押し付けられたにすぎない育児負担が、育児休業制度として確立されてみると、そこに権利としての側面も生じてくる。「よその会社ぢや育児休業をとれるのに、なんでウチの会社はダメなの?」とか。

 で、あなたはここに目をつけたといふわけです。

 「民間企業では育児休業がとれるのに、なんで国会議員はダメなの?」

 美人の国会議員の妻が出産する。このチャンスを逃さない手はない! これで次の選挙は安泰だ、とあなたが考へたかどうか知りませんが、安倍首相はもちろん大歓迎でした。

 安倍首相はあなたに言つたさうですね、「それでこそ政治家だ」と。

 あなたの発言と同時に国会議員の育児休業について賛否両論が沸き起こりましたが、この問題が注目が集まれば集まるほど、自民党はこんなに育児休暇の問題を真剣に考へてますといふPRになる。ニンマリしてゐたはずです、安倍首相は。

 賛成論反対論が熱を帯びてくれれば、あなたの知名度がアップするのはいふまでもありません。

 しかし、「育児休業のミヤザキ・ケンスケ」として名前を売つて次の選挙は楽勝―といふあなたの計画は一瞬のうちに潰えました。それと同時に、育児休業問題は次の選挙の追ひ風になるとほくそ笑んでゐた安倍首相の夢も一瞬のうちに潰えました。

 お気の毒と申し上げるしかありません。

 あなたは会見で不倫の事実を認めて謝罪する一方で、国政への思ひを熱く語られました。誠にご立派な態度といはなくてはなりません。

 将来、あなたが国会議員として再チャレンジされるかどうか分かりませんが、別に国会議員になるだけが国家に寄与する道ではありません。

 あなたのお得意の能力を生かせばいいのです。

 仄聞するところによると、あなたは自民党絶倫4人衆のおひとりの由。その御能力を生かすのです。

 なるべく多くの女性と交遊を持ち、それらの女性とそれぞれ子づくりにお励みになる。多くの女性との間に、多くの子供をつくる。

 これこそまさしく、安倍内閣が推進する生めよ増やせよ政策に貢献する道ではないでせうか。

 別にそれらの女性といちいち結婚する必要はありません。

 結婚してゐないカップルにも結婚した夫婦と同等の権利を与へる。これが安倍フェミニズム政権の基本方針であることはあなたも つとにご承知の通りです。結婚なんかするから不倫といふ問題が生じてしまふのです。

 どうか邦家のため、そちらの方面で大いにご活躍下さいます様心より念じ上げます。

                                    怱々
 

 
 


■フェミニズム路線に突き進む自民党公約


 昨年来の安倍首相の内外フェミニストたちへの接近ぶりはほとんど異常といつていい。

 ダボス会議では「日本は女性に輝く機会を与へなくてはならない」と叫び、ヒラリー・クリントンと会つては、働く女性の増加の経済効果について意見の一致をみたと喜び、女性の駐日大使ばかり集めた会合では「安倍内閣はこんなに女性の社会進出に取り組んでゐる」と胸を張り、女性編集者ばかり集めた会合まで開いて、「みなさんのやうに働く女性を増やすことが安倍内閣の指名」と猫なで声でアピールした。ちなみに、これまで歴代首相の中で、女性の駐日大使ばかり集めた会合を開催した首相なんて一人もゐやしない。

 安倍首相のフェミズム勢力への異常接近ぶりは、今回の衆院選の自民党公約にも非常に忠実に反映されてゐる。自民党公約の中で、女性に関する
政策は巨大なスペースを占め、おびただしい女性政策が詰め込まれてゐる。次に載せたのがそれだ。

  *******

【Ⅱ.地方創生・女性活躍推進】

<すべての女性が輝く社会の実現を>

●女性が、各々の希望に応じ、家庭や地域、職場においても、個性と能力を十分に発揮できる「すべての女性が輝く社会」の実現を目指します。「社会のあらゆる分野で、2020年までに指導的地位に女性が占める割合を少なくとも30%程度とする」という目標の確実な実現に全力を挙げます。
●政治の場への女性の更なる参加を促進します。
●働く女性、働きたいとの希望を持っている女性の職業生活における活躍を促進させる「女性活躍推進法」を成立させます。
●働き方に中立的な税制・社会保障制度等について、総合的に検討します。
●女性が希望する就業形態を確保するための手段として、テレワークを普及促進させる取組みを加速します。
●女性研究者・技術者が出産・子育て・介護等と仕事の両立ができるような働きやすい環境づくりを進めるとともに、研究機関等における女性研究者等の採用・登用等の活躍を促進します。
●「女性のチャレンジ応援プラン」を策定し、家事・子育て等の経験を活かした再就職の支援等を行うとともに、「働く女性の処遇改善プラン」を策定し、非正規社員の処遇改善や正社員化を支援します。
●「女性の健康の包括的支援に関する法律」の成立を目指します。
●地域の実情に応じた、結婚・妊娠・出産・育児の「切れ目のない支援」を推進するため、自治体による取組みを応援します。
●結婚や子育てを後押しするための新たな経済的支援制度を創設します。
●特定不妊治療に要する費用の助成、周産期医療情報ネットワークの整備・充実、産科医・小児科医の負担軽減策の充実等出産環境の整備を図ります。
●安心して子育てに取り組めるよう、自治体によるワンストップの子育て支援拠点(日本版ネウボラ)の導入を支援します。
●子育て家庭、働く母親の負担軽減のため、ベビーシッター費用や家事費用の支援策の導入を図ります。
●子育て負担の軽減を図るため、財源確保とあわせて、子供3人以上の多子世帯に対する子育て負担軽減策を検討します。
●「待機児童解消加速プラン」を展開し、保育需要のピークを迎える平成29年度末までに約40万人分の保育の受け皿を確保し、待機児童解消を目指します。
●全ての子育て家庭を支援する「子ども・子育て支援新制度」は、必要な予算を確保した上で、来年4月から着実かつ円滑に実施します。
●1兆円超程度の財源を確保し、「子ども・子育て支援新制度」に基づく子育て支援の量的拡充(待機児童解消に向けた受け皿の拡充等)及び質の改善(職員配置や職員給与の改善等)を図ります。
●就学後の子供の預け先が見つからず、離職を余儀なくされる「小1の壁」打破のための「放課後子ども総合プラン」(平成31年度末までに約30万人分の受け皿拡大等)を着実に実施します。
●高齢者世代が若い世代の子育て支援を行うための環境整備に向け、イクジイ・イクバア支援を行うとともに、三世代同居世帯への支援策を講じます。
●仕事と家庭の両立支援に積極的に取り組む企業に対し、育児休業者の代替要員確保のための助成等のインセンティブを与え、企業風土の改革を目指します。
●女性アスリートを育成・支援するプロジェクトを推進します。女性アスリートの海外派遣や資格取得、妊娠・出産・育児をサポートします。
●女性の視点、生活者の視点からの防災・復興の取組みを推進します。
●国際協力に係る企業やNGOの活動において、女性の活躍に注目し、官民連携を強化します。
●国際機関等で活躍する女性職員への支援を一層強化し、その地位向上に努め、帰国後の職場環境の整備を進めます。

 *********

 何も知らない人にこれを見せたら、「なにコレ? どこのフェミニズム団体のパンフレット?」と言はれてしまふだらう。

 2年前の衆院選の時の自民党公約と読み比べてみると、今回の公約の異常ぶりが鮮明になる。前回衆院選公約では女性に関する項目は特段設けられてゐなかつた。女性に関する政策は《社会保障》の中で、「少子化・若者対策」のタイトルで次のやうに記述されてゐた。

 *************

〈少子化・若者対策〉
●「若者支援」「結婚」「出産」「子育て(教育)」を通じて家族を幅広く支え、子育てを幸せと実感できる「家族支援政策」を積極的に進めます。
●少子化問題克服のための、抜本的な意識改革や、仕事と家庭の両立支援など環境整備を促進します。
●待機児童解消のため、処遇改善などによる保育士の確保をはじめ、即効性のある対策と講じます。また、現行保育制度を基本に、量・質両面の充実を図るとともに、ゼロ歳児に親が寄り添って育てることのできる環境の整備を進めます。
●年少扶養控除を復活させます。

 *************

 簡潔といふか、あつさりといふか、とりあへず女性政策も公約の中に入れておきましたといふ感じで、当時の安倍さんの女性政策に対する関心の度合はこの程度のものだつたのだ。いや、この短い記述の中にも、「家族を幅広く支え」とか、「ゼロ歳児に親が寄り添って育てることのできる」などといふ表現に、ジェンダーフリー教育に反対してゐた頃に安倍さんが表明してゐた家族観さへうかがはれる。

「家族を大事にしませう」なんて言つてた人が、一体いつからヒラリー・クリントンになつてしまつたのか? 福島瑞穂化してしまつたのか?
 
 福島瑞穂はいまだに夫婦別姓導入などにシャカリキになつてゐるから、「安倍さんを福島瑞穂化なんてヒドい」と怒る人がゐるかもしれない。いや、ヒドくないのである。

 なぜなら、安倍首相がこれからやらうとしてゐる「女性政策」なるものは、夫婦別姓制度の導入と同じくらゐ危険極まりないことなのだから。安倍首相がこれからやらうとしてゐること―それを専業主婦殲滅構想と呼ぶ。


(この項続く)


■日本国総理大臣安倍晋三は「専業主婦の敵」である
 配偶者控除を廃止したがる暗愚宰相に関する一考察(第9回)


 「配偶者控除は維持します」と衆参選挙の公約に掲げた自民党
  選挙の谷間を狙つて公約を破棄した悪だくみ
  法人税減税とセットで推進される配偶者控除の廃止
 


 自民党政府が配偶者控除を廃止するのは、正しい意味において国民に対する裏切り行為といへます。

 なぜなら、自民党は平成24年の衆議院選挙でも、平成25年の参議院選挙でも、配偶者控除の維持を公約に掲げてゐたからです。

 昨年の参議院選挙で、自民党が選挙公約とともに発表した「総合政策集」を読み直してみませうか。

《社会の基本は「自助」にありますから、家族の助け合いの役割も正しく評価されなければなりません。その観点から、配偶者控除は維持し、児童手当との関係を整理した上で年少扶養控除を復活します。》

 配偶者控除は維持します、とちやんと書いてある。

 と同時に、年少扶養控除を復活します、とも書いてある。子供手当創設に伴って止されたのが年少扶養控除だから、民主党の子供手当にかかはる制度は一切破棄すると、自民党は公約で宣言したのです。

 そして、民主党政府が子供手当と抱き合はせで計画した配偶者控除の廃止も、我が党はやりせんよ、と言つてゐるわけです。

 安倍総理が、配偶者控除と第3号被保険者制度の廃止を検討するよう財務相と厚労相に指令を出したのが、今年の3月です。選挙から1年もたたないうちに抜け抜けと公約破りをしたことになります。

 公約違反ではないかなんて、安倍総理を追及しても無駄です。なぜなら、配偶者控除と第3号被保険者制度の廃止は、彼の確信犯的行動なのですから。

 なぜこの時期に、安倍総理が配偶者控除と第3号被保険者制度の廃止を持ち出したのか分かりますか? 簡単です。今年と来年は選挙の谷間だからです。自民党政府が衆議院を解散するわけもないから、2年後まで国政選挙はない。年内に配偶者控除の廃止を決め、来年度から実施すれば、再来年選挙が行はれても、その頃には主婦層からの反発は薄まつてゐる、と読んだのでせうね。

 この人、暗愚総理にしては、結構、ワル知恵が働くのです。

 公約違反も意に介さず、安倍総理が配偶者控除の廃止に動く目的はただひとつ、増税です。
 
 何のための増税か?

 法人税を減税して、減税分の財源の穴埋めをするためです。

 日本企業の国際競争力をつけて、外国企業の日本参入を促進するといふ謳い文句で、法人税を大幅に引き下げる。法人税を大幅減税した場合、法人税をいくらいじくり回しても、法人税減税分の財源が不足する。

 そこで目をつけたのが配偶者控除の廃止なんですね。

 配偶者控除を廃止すれば、年間6000億円もの税金が国民からころがり込む。これを、法人税減税分の財源に振り向けるといふ仕組みけです。

 つまり、配偶者控除廃止計画は、法人税減税計画とセットになつてゐるのです。
 
 配偶者控除廃止を画策する産業競争力会議と経済財政諮問会議の顔ぶれをみてごらんなさい。オール財界です。加へて、楽天の三木谷みたいな無国籍者の集まりです。

 法人税を大幅に減らしてもらつた上に、主婦たちを労働市場に駆り出してもらへば、主婦パートたちをますます低賃金でコキ使へる。彼らのそんな魂胆が透けて見えるやうです。

 昨年6月の参議院選挙において、自民党が次のやうな立派な公約を麗々しく掲げてゐたのを果たして国民のみなさんは御存じかどうか。

 《家族の絆を深め、家族基盤の充実を図ります。》

 これが真つ赤なウソであつたことを、これからゆつくり検証していきたいと思ひます。


 (この項続く)


プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。