Category : パソナ・セックス迎賓館と安倍政権の暗部
■パソナ・セックス迎賓館と安倍政権の暗部(2)

  色情魔経営者南部靖之の「喜び組」活用法
 



 覚醒剤取締法違反などで再逮捕されたASKA(56)のシャブ歴は、週刊新潮(5月29日号)によると、18年前にさかのぼり、この頃、ASKAは新宿・曙橋にあつたニューハーフクラブのニューハーフと交際してゐて、二人で覚醒剤を使用しては乱交に及んでゐたらしい。

 ヒット曲に見放されたASKAは、この十数年間、シャブ漬け状態で、パソナ・セックス迎賓館「仁風林」に出入りを始めた7、8年前には立派な覚醒剤中毒患者だつたわけです。

 ASKAは、暴力団から入手したシャブを芸能界などの仲間に分け与へる仲介者とも目され、シャブ仲間の一人として登場するのがあの清原和博です。

 ASKAの運転者だつた人物が、その後清原の運転者として雇はれるほど、二人は昵懇の仲で、その清原にASKAは「パソナの紹介で俺は安倍さんを知つてゐるから大丈夫」とうそぶいた由。(週刊新潮同号)。

 覚醒剤吸引ビデオでASKAが暴力団に脅されてゐると週刊文春が報じたのが昨年の8月。しかし、安倍総理頼みも空しく、ASKAは週刊文春報道の9か月後に逮捕されてしまひ、同じく週刊文春で麻薬疑惑を報じられた清原和博は今、俎板の上の鯉の心境だとか。

 ASKAは週末になると、南青山にある栩内香澄美(37)のマンションに通つて、シャブ&セックスにふけつてゐたとされます。

 栩内香澄美は十年ほど前からパソナグループの会社を転々とし、逮捕された時には、パソナグループのメンタルヘルスケア企業「セーフティネット」の社員で、家賃20万円といはれる南青山のマンションも会社が借り上げたものでしたが、勤務実態はなく、いはば幽霊社員。

 彼女の仕事は、もつぱら「仁風林」のホステス役。栩内香澄美のやうなホステス役は、30人ほどゐて、彼女たちはパソナグループの南部靖之代表の寵愛の対象者で、「喜び組」とも呼ばれてゐました。

 グループ企業で目をつけた女性を秘書役として自分の周囲に集め、グループ企業に名前だけ在籍させて、実際は「仁風林」のホステス係として自分及びパーティ参加者に奉仕させる。これが、「喜び組」に対する南部靖之流活用法でした。

 シャブ&ASKA事件のあと、南部代表の女をめぐるスキャンダルが色々取り沙汰されてゐますが、その中で25年前のスキャンダル報道が注目を集めてゐます。

 この報道は、「週刊テーミス」(現在は月刊)が平成元年8月、《テンポラリーセンターの醜聞 南部靖之専務をめぐる「女性関係」を衝く》と題して掲載した特集記事です。

 テンポラリーセンターは当時の社名で、「ベンチャーの寵児」として名をあげた南部氏は37歳でした。

 記事に紹介された元女子社員らの証言の数々。

「社内で、いきなり女の子に抱きつくんだ。『スキンシップだ』とかいって」
「やらせる子には、ボーナス時に、50~60万円余計に出す」
「オフィスのなかで、平気でスカートをめくったり、胸やオシリさわったりしますからね」
「人妻だった女性社員との噂もありましたし、子供を堕ろさせた女性社員もいたといいます」
「気に入られた女性は、同期でも異常に昇進が早い。関連会社の社長になったりする人もいました」
「お気に入りの子は、南部専務のチームがある広報室に連れていかれるケースが多いんです」
「役職がつくと、月々5万円が月給にプラスされる。チームリーダー手当てというのもついて、洋服代も出る。毛皮を身につけて、ブランド物もよく着ていた」

 この「ベンチャーの寵児」は、ほとんど色情魔に近い。女性の社会進出を標榜するテンポラリーセンターの社内では、オーナーによる女性社員の私物化、ペット化が日常的に行はれてゐたのです。セックス迎賓館の由来が理解できやうといふものです。

 南部代表は「仁風林」でも人前で女性の体をさはりまくつてゐたさうですから、パソナグループでは現在も、25年前の報道と同じ情景が常態化してゐると思はれます。

 セクハラなるフェミニズム用語を毛嫌ひする私ですが、セクハラ問題好きのマスコミがこの間、どうしてパソナ代表の色情魔ぶりを黙殺してきたのか? 南部代表から関係を迫られた女性社員たちはカネとポスト(20代でグループ企業の社長に就任した女性社員が多数存在した)で黙らされたから表ザタにならなかつたのか? 不可解な話ではあります。

   (この項続く)
スポンサーサイト
■パソナ・セックス迎賓館と安倍政権の暗部(1)

 セックス迎賓館の常連客だつた安倍晋三と竹中平蔵


 

 先月、覚醒剤取締法違反容疑で逮捕されたASKAは、実に日本のために多大な貢献をしてくれた人物といはなければなりません。

 この事件は、ASKAが愛人の栩内香澄美(37歳)とシャブを使用して愛人宅でセックスに励んでゐたといふ芸能界では珍しくもない薬物スキャンダルにすぎなかつたのに、ASKAと栩内香澄美が出会つた場所が、パソナが東京・元麻布に設けた迎賓館「仁風林」だつたことから、話は興味深い方向に広がりをみせてきました。

 週刊誌が精力的な取材で明らかにしてくれたのは、パソナが政治家や官僚を接待するために設けた「仁風林」はセックス迎賓館だつたといふ事実です。

 「仁風林」では、政治家、官僚、芸能人、スポーツ選手を集めたパーティが夜な夜な開かれ、パーティにはパソナグループの美女たちが多数接待にあたります。この美女たちの役目はパーティにおける接待にとどまりません。「お持ち帰り」自由だつたらしいのです。

 美女とどこかで一夜を過ごしたパーティ参加者には、その日のうちに美女からメールが届きます。メールに添付されてゐるのは美女とのツーショット写真。写真を送りつけられた政治家は、これでパソナの軍門に下つてしまふといふ仕組みです。
 
 パソナグループの南部靖之代表はパーティ参加者が帰る際、多い時で50万円のお車代を渡してゐたとのことです。

 セックス迎賓館の常連客には様々な政治家の名前がとりざたされてゐます。

 小野寺五典・防衛大臣もそのひとりで、ASKAの現愛人栩内香澄美にのぼせあがつて「仁風林」に通いつめたものの、ASKAにもつていかれてしまひます。

 現職閣僚では小野寺防衛大臣のほか田村憲久厚生労働大臣など5人の名前が挙がつてゐますが、官僚では各省庁の局長から課長クラスの名前がリストアップされてゐるやうです。

 かつての常連客で有名なのは、安倍晋三と竹中平蔵です。安倍首相は野党時代にセックス迎賓館を頻々と訪れてゐたさうです。

 竹中平蔵はパソナの顧問に迎へ入れられて、やがて会長の椅子におさまり、今は産業競争力会議のメンバーとして人材派遣業界への利益誘導に余念がありません。

 南部靖之といふ人物は途方もない女好きらしく、ASKAの愛人の栩内香澄美も以前は南部靖之の愛人だつたと伝へられてゐます。

 パソナに登録して派遣の仕事をしてゐる女性たちは、自分たちからピンハネしたカネの一部が、パソナのセックス迎賓館につぎこまれてゐることなど夢にも知りません。

 このパソナといふ会社、「女性の社会進出」を支援するための企業なのでせうか? それとも女性を食ひ物にするための企業なのでせうか?


   (この項続く)

プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ