Category : トランプ大統領
■トランプはアメリカのトイレの救世主か?(続)



 ドナルド・トランプは過去に、トランスジェンダーのトイレ選択の自由を禁止したノースカロライナ州法について、ノースカロライナ州の法律は極端で、法律など制定せずそのままにしておけばよかつたと語つたことがある。

 そして、ケイトリン・ジェナーのやうなトランスジェンダーが女子トイレを使用することにもまつたく抵抗はない、とも述べた。

 ケイトリン・ジェナーとは、アメリカの元陸上競技選手で、モントリオールオリンピック十種競技の金メダリスト。性同一性障害を公表し、ブルース・ジェンナーから女性名のケイトリンに改名したトランスジェンダーだ。

 トランプがこの発言をしたのは2016年4月。大統領選予備選挙で共和党候補の指名をほぼ確実にした頃だつたが、その翌日には、ノースカロライナ州法に関する前日の発言をあつさり撤回してゐる。

 ドナルド・トランプといふ男は、一年間に及ぶ大統領予備選挙を終へた時点でも、トランスジェンダー問題に関するなんの定見も持つてゐなかつたことが分かる。
 
 同性婚問題についてもさうだ。

 予備選の最中には、連邦最高裁の同性婚合憲判決は見直す必要があると発言したかと思へば、本戦の終盤では演壇に仰々しくレインボーフラッグを掲げ、LGBTの皆さんの権利を守りますとアピールしたのだ。

 見事なまでの無定見・無節操ぶりで、本人もLGBT問題でコロコロ意見を変へることなど一向に反省する風もない。

 この無定見ぶりは大統領に就任してからも変はらず、トランプ政権は発足早々、オバマ前大統領が2014年に署名した職場での差別からLGBTを守るといふ大統領令を維持するといふ声明を出した。

 ここでLGBTの活動家たちを喜ばせておいて、今度は一転して、トランスジェンダーのトイレ使用問題ではオバマ政権の方針を撤回したわけだ。

 一説によると、トランプ政権がオバマの大統領令を維持するといふ声明を出すに際して、娘のイヴァンカと夫のクシュナーが影響力を行使したとされるが、トランプにとつては、どつちでもよいことだつのだらう。トランプにとつてはLGBTのことなど大した問題ではないのだ。

 ドナルド・トランプはかつては、民主党の側にゐた人間だ。

 トランプは無定見と言つたが、LGBT問題などについての考へはおそらく民主党に近い。

トランプ政権をめぐるアメリカの動きをみてゐると、反リベラリズムとリベラリズムの闘ひみたいだが、トランプの本質は反リベラリズムでもなんでもない。反リベラリズムなどといふ高尚な思想をこの男は持ち合はせてゐない。

 本来LGBTフレンドリーなトランプが、大統領として反LGBT的な政策をとらざるをえないのはなぜか?

 簡単である。トランプが共和党の大統領であるからである。

 トランプが大統領としてLGBTフレンドリーな政策を打ち出したらどうなるか・

 共和党の主流派勢力はただちにトランプを大統領から引きずりおろしにかかるだらう。

 共和党主流派にとつて、トランプが失脚して副大統領のペンスが大統領に昇格するのが一番望ましいことなのだから。



スポンサーサイト
■トランプはアメリカのトイレの救世主か?


 米トランプ政権は、オバマ前政権が推進してきた、トランスジェンダーの児童・生徒が自認する性のトイレを使用することができる政策を撤回すると発表した。

 オバマ政権とはまつたくロクでもない政権で、同性婚を推し進めたのみならず、トイレの世界に持ち込まうとしたのがトイレのジェンダーフリー化だつた。

 オバマ政権が、連邦政府から補助金を受けてゐるすべての学校に、「本人が認識してゐる自分の性別をその児童・生徒の性別として扱はなければならない」といふ通達とガイドラインを出したのが2016年5月。

 これには前段があつて、ノースカロライナ州のシャーロット市が、心の性に合つたトイレなどを使用できるといふ条例を策定したため、ノースカロライナ州が2016年3月に生まれた時の体の性にあわせるべき、といふ州法を制定した。

 オバマ政権はこのノースカロライナ州法をつぶすためにノースカロライナ州を提訴する一方で、トランスジェンダーが自認するトイレを使用する権利を認める通達を全米の教育機関に通達したのだ。

 当然のことながら、このジェンダーフリー政策は、女装した男子生徒が女子トイレに入つて女子生徒を震え上がらせたりして、学校現場に大混乱を引き起こし、連邦地裁も2016年8月にオバマ政権の通達の一時差し止め命令を出してゐる。

 もし大統領選挙で民主党のヒラリー・クリントンが勝利してゐれば、トイレのジェンダースリー政策は一段と強化され、学校のみならず公共施設のトイレでもジェンダーフリー化が蔓延したのは確実だ。

 アメリカにおいてLGBTの権利擁護運動は、トイレは男女別といふ社会通念を破壊するところまできてしまつてゐる。アメリカの狂気はこのやうな形で発現する。

 トランプ政権は、オバマ政権によるトランスジェンダーのトイレ選択の自由政策を一応撤回した。

 それではトランプは、トイレは男女別といふトイレの秩序を回復した、アメリカトイレの救世主といつていいのかといふと、ことはさう単純ではない。


 (この項続く)


■「トランプ大統領」におののく日本(6)


 トランプにあつさりコケにされた安倍首相
 「就任初日のTPP離脱」 を表明したトランプ




 大統領選後、通商政策については沈黙を守つてゐた次期米大統領トランプは21日、ビデオメッセージを発表し、就任初日に「TPPを脱退する」と宣言した。

 ペルーで開催されてゐたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)とTPP首脳会合の閉幕を待つてゐたかのやうなタイミングでのTPP離脱宣言だ。

 トランプがTPP首脳会合の前にTPP離脱宣言を控へたのは、任期中最後の国際会議となるAPECに出席したオバマ大統領へのせめてもの情けと思はれる。

 トランプ次期大統領のTPP脱退宣言によつて、TPPは事実上消滅した。

 トランプは、TPPの再交渉みたいなまだつらこしい交渉をするやうな男ではない。

 彼がこの日表明したやうに、米国の通商交渉は今後、二国間貿易協定に移行してゆくだらう。

 トランプ次期大統領のTPP脱退宣言で、またまた世界中に恥をさらしたのが安倍首相だ。

 「大統領選後のトランプと最初に会談したのが私です」と鼻高々でAPECに乗り込み、各国首脳から「トランプと何を話したのか」と質問攻めにあひ、「もてもて」(毎日新聞)だつた安倍首相。

 TPP参加国の間で、「トランプの説得 安倍首相に高まる期待」なんて絵空事を書いた新聞まであつた。

 安倍首相はペルーからアルゼンチンに移動し、ブエノスアイレスで記者会見。「TPPは米国抜きでは意味がない。米新政権の方針について、現段階で予断をもつてコメントすることは差し控へたい」

 ほとんどこの直後のことだ、トランプがビデオメッセージをYou Tubeで流したのは。

 「信頼できる指導者」と称賛してやまなかつた次期大統領トランプにあつさりコケにされた安倍首相の屈辱。
 
 安倍首相にとつて気の毒だつたのは、APECの直前に行はれたトランプ・安倍会談など、トランプのTPP離脱の決意を翻意させるどころか、トランプの考へ方に毛ほどの影響も与へなかつたことが世界中に知れ渡つてしまつたことだ。

 国民にTPP離脱を公約して大統領選挙に勝利したアメリカの次期大統領が、たつた一回会つただけの外国首脳に説得されて翻意するなんて考へる方がどうかしてゐる。
 
 安倍首相のお子様ランチ外交を真に受けて、「トランプの説得 安倍首相に高まる期待」などと書き飛ばす記者の幇間習性は憐れむに足る。

 彼の国では予備選から足掛け二年に及ぶ激烈な大統領選挙戦が展開されたといふのに、天下泰平に馴れた日本のお子様ランチ総理と彼をヨイショすることしか知らない新聞には、ドナルド・トランプといふ男の本性がいまだに皆目理解できなiいらしい。

 トランプが次期米大統領に就任すること自体の問題より、現実を見ようとしない日本の総理大臣とマスコミの習性の方こそ恐ろしい。



 
■「トランプ大統領」におののく日本(5)


 トランプ大統領の手玉にとられる日本のお坊ちゃん外交
 恭順の意を示した安倍首相に愛想ふりまいたトランプ





 ニューヨークで今月17日に開催されたトランプ・安倍会談なるものは、一種の興行みたいなものだな。

 大相撲の興行に例へれば、横綱同士の対戦なんかぢやなく、まあ横綱と幕尻力士の取り組みみたいなもんか。

 幕尻力士は横綱が初対戦相手に自分を選んでくれたことに感激しつつも、張り手でも食らはせられるのではないかとガチガチに緊張して土俵にあがつた。ところが張り手は飛んでこなくて、形だけでも相撲をとらせてくれた。

  横綱が幕尻を相手に本気で相撲をとる気がないことは、土俵に自分の付け人やらなにやらを一緒に上げたことからも明らかなのだが、幕尻力士は横綱と同じ土俵に上がれたと有頂天、「ボク、横綱と対戦したんだよ」と周囲に触れ回る・・・。

 まあ、それなりに面白い興行ではあつたけど。

 それにしても、トランプつて役者だね。

 日本の首相を金ぴかの自宅に呼びつけておいて、前日まで会談の詳細はマル秘。直前になつて通訳だけのサシの会談と通告しておきながら、会談の席には自分の方だけ長女イバンカと夫のクシュナー、閣僚候補のマイケル・フリンまでも伴つて現れるといふ無手勝流。

 通常の首脳会談なら「約束が違ふ」と、それだけで会談決裂となつてしまふところだが、非公式会談だし、そんなことに文句をいふ相手でないことは先刻承知。

 それでも、日本の総理大臣が大統領選からわずか一週間後にスッ飛んできた事情(ヒラリーへの肩入れ)を見透かした上で、安倍首相を持ち上げることを忘れないのがトランプだ。
 
 トランプは自分に従順な人間には実に優しい。

 安倍首相は日本からスッ飛んできてトランプに恭順の意を示したから、愛想よく接したのだ。
 
 トランプは単なる不動産王ではなく、マスコミの寵児でもあり、ニューヨーク社交界のスターでもあつた。

 ビジネス相手であれ誰であれ、トランプの人への接し方は融通無碍だ。

 人間の心理を熟知してゐて、相手が何を言へば喜ぶかを心得てゐる。

 相手の話にも耳を傾け、この男はどのやうに利用できるかと瞬時に思ひめぐらせる。

 ビジネス相手が弱みを見せると、すかさずそこを突き、高圧的な態度に出る。

 一旦敵と見定めた相手には容赦しない。

 これがトランプ流だ。

 会談後、日本側は安倍首相が会見し、プレスに写真を提供した。

 トランプ側はといへば、トランプ自身の会見はもとより、プレスへのブリーフィングも写真提供も一切なし。

 トランプに愛想を振りまかれた安倍首相がトランプを悪くいふわけはない。安倍首相の口を通じて語られるトランプの印象は、次期大統領の偉大なイメージをますます高めるだらう―こんなトランプ側の戦略は見事に成功した。

 会談の感激さめやらぬ安倍首相は、トランプをほめそやしたからである。

 トランプは、安倍首相が人畜無害で、育ちのいいだけの坊ちやん政治家であることを見抜いてゐる。

 日米関係で、かつて、ロン・ヤス会談といふのがあつた。

 レーガン大統領とは互ひにロン・ヤスと呼び合ふ仲だと世界に吹聴したのが中曽根首相で、レーガン大統領を自分の山荘に招いて囲炉裏を囲み、レーガン大統領との親密性を盛んに誇示したものだ。

 しかし、ロン・ヤスの間柄なんて、実は中曽根が吹聴したやうなものではなかつた。

 レーガンの元側近によると、レーガン大統領は中曽根首相との会談を終え、中曽根が部屋を出てゆくと、「あのジャップめ」と吐き捨てるやうにつぶやいた、とのことだ。

 トランプが安倍首相との会談後、「あのジャップ、単純だね」なんてつぶやいてゐないといふ保証はない。






■「トランプ大統領」におののく日本(4)


 錬金組織「クリントン財団」の宣伝に協力してゐた安倍首相
 お詫びの意を表明するためにトランプとの会談を大慌てで設定




安倍首相のヒラリー・クリントンへの傾斜ぶりを象徴するのは、二年前にニューヨークでヒラリーと行つた対談だらう。

 安倍首相は平成24年9月24日、ニューヨークのホテルで開催された「クリントン・グローバル・イニシアティブ国際会議」に出席、「女児・女性のための平等」なるイベントでヒラリーと対談した。

 ヒラリーとの対談で安倍首相が話したことはといへば

 《女性問題への取組みについてクリントンさんから激励の手紙をもらひ、私は女性問題への意欲をさらに固くしました》

 《私は日本で「女性が輝く社会」を実現する決意です》

 《女性の進出によつて企業は生産性が向上します》

 《世界各国の女性指導者らを招き、今月東京で開催した国際シンポジウム(女性版ダボス会議)は大きな成果をあげました》

 安倍首相がヒラリーに対して、私は日本で女性の社会進出のためにこんなに頑張つてゐます、と自慢げに語り、ヒラリーも「女性問題に関する安倍総理の強いリーダーシップを高く評価します」と安倍首相を持ち上げてみせる。対談といふより、イベントのお飾りのやうな趣向だつた。

 対談の詳細は、外務省ホームページに掲載されてゐるが、
http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page22_001574.html
これをみても、安倍首相とヒラリー・クリントンとの絆が日米同盟問題などではなく、フェミニズム問題だつたことがよく理解できる。

  ところで、安倍首相とヒラリーが対談した「クリントン・グローバル・イニシアティブ国際会議」とは一体どのやうな会議なのか?

  「クリントン・グローバル・イニシアティブ国際会議」(CGI)を主催してゐたのは実はあのクリントン財団なのだ。

  クリントン財団(Clinton Foundation)については今さら説明の要もあるまい。

  世界の貧困、環境、紛争、女性、マイノリティの救済問題等に取組むといふチャリティ組織を装ひつつ、世界中に金づるを求める錬金組織、これがクリントン財団の正体。

 財団への献金者には世界中の首脳などを紹介し、その国のビッグプロジェクトを受注できるやう取り計らう。こんな手口で、巨額の献金を集めてきたのがクリントン財団なのだ。

  クリントン財団は近年はヒラリーの大統領選挙に向けた対策本部の様相を呈してゐたが、米大統領中にも新たな疑惑が次々に浮上し、アメリカではクリントン財団はチャリティ詐欺組織といふ評価が定着してゐる。

 「クリントン・グローバル・イニシアティブ国際会議」は、クリントン財団の表の顔であるチャリティを宣伝するために毎年開催してきたイベントで、各国首脳らを招いては、クリントン財団の表の顔の宣伝に利用してきた。

 つまり、安倍首相もクリントン財団の宣伝に一役買はされたといふわけだ。

 トランプは大統領選挙中、「クリントン財団は腐敗の温床だ。私が大統領になつたら私用メールとクリントン財団の不正を暴く特別検察官を任命する」と連日クリントン財団問題に猛攻撃を加へた。

 トランプ陣営が大統領選キャンペーンの一環として作成したビデオ「Clinton Cash」には、クリントン財団の錬金術が生々しく描かれ、民主党支持層にも巨大な衝撃を与へたとされる。
https://www.clintonfoundation.org/clinton-global-initiative/meetings/annual-meetings/2014

 腐敗の温床としの正体が暴露される中、クリントン財団は8月、「クリントン・グローバル・イニシアティブ国際会議」(CGI) を今年限りで取りやめると発表した。

 安倍首相がトランプ次期大統領との会談を急いだのは、ほかでもない、大統領選挙中にヒラリーとだけ会談したことに加へ、CGIに参加してクリントン財団の宣伝に協力までしたことに、一刻も早くお詫びの意を示さなければならないといふ事情があつたのである。

 (この項続く)










プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ