Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■出来損なひの「愛国教育者」と出来損なひの「保守」総理
 籠池氏も安倍首相も「教育勅語」の精神とは無縁である





 「森友学園」の国有地売却問題が騒がれ始めた頃、テレビに映し出される籠池泰典氏をを見てゐて、私は実に不思議な感を覚えた。

 マスコミは国有地大幅値下げの疑惑とともに、幼稚園における教育勅語の暗唱など森友学園の「愛国教育」を盛んに攻撃してゐる。

 しかし私には籠池泰典といふ人物と教育勅語がどうしても結びつかない。

 これは、教育勅語の精神ともつとも対極に位置する人物ではないのか?

 籠池泰典といふ人物の顔つきや語り口はまるで「悪徳」不動産屋を思はせる。

 地方議員の選挙事務所なんかに行くと、よくこんなタイプの男がゐて、候補者よりもデカい顔をして事務所を取り仕切つてゐたりする。

 3月23日の国会証人喚問でも、籠池氏の口から吉田松陰とか松下村塾といふ名前が飛び出したが、私はこの人物が吉田松陰の著述を読んだことがあるとは到底信じられない。

 それなら、籠池氏は「保守」の思想も信念もないのに、「保守回帰」の流れに便乗して愛国教育ビジネスに参入した単なる商売人なのかというといふと必ずしもさうでないらしい。

 過去に拉致問題などに関はつゐたことは事実のやうだし、稲田朋美防衛相との関係が険悪化したのも、「やり方が生ぬるい」と稲田氏に大量のファクスを送りつけたのが原因といはれる。
 
 国会の証人喚問で籠池氏は、安倍首相の「ファン」であり、保守政治家として敬愛してきたと語つた。

 籠池泰典と安倍晋三といふ人物に共通するのは、二人とも「保守」を自認してゐるといふことである。

 しかし「保守」を自認してゐるからといつて、その人物が「保守」とは限らない。

 かつて三島由紀夫は、国を守るとは自分を守ることだといつた。

 国の名誉を守ることと自分の名誉を守ることは同じだといふ意味である。

 国有地取得疑惑で発言を二転三転させて恥ぢない人間や、過去の発言を180度転換して謝罪談話を連発して恥ぢない総理大臣が「保守」であるわけがない。

 この二人に共通することがもうひとつある、それは、悪い女房を持つたといふことだ。

 片や教育事業の「戦友」であり、片や総理大臣の「家庭内野党」といふ存在であるが、双方とも亭主の足を引つ張るといふ点ではよく似てゐる。

 森友学園の幼稚園で園児の保護者との間でトラブルを起こしてきたのはもつぱら「戦友」女房の方だ。総理大臣の「家庭内野党」女房については説明するまでもない。

 森友学園騒動の本質は国有地取引をめぐる不正疑惑である。騒動を引き起こしたのがたまたま、出来損なひの「愛国教育者」と出来損なひの「保守」総理、その出来損なひの女房たちだつたといふにすぎない。教育勅語は何の関係もない。

 


スポンサーサイト
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。