Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■「自分は上皇になる」と言ひ出したのは今上天皇である(続)

 なぜ天皇は「自分は太上天皇になる」と言はなかつたのか?




 天皇の譲位後の呼称をどのやうにするかといふ問題で、有識者会議の出席者たちが触れたがらぬことがひとつある。それはほかならぬ今上天皇御自身が、譲位後にどのやうな称号で呼ばれることを望んでゐるかといふことである。

 それは既に明らかになつてゐる。

 天皇が望んでゐる称号は「上皇」である。

 「自分は上皇になる」
と天皇が発言されたといふ証言がある。

 その証言とは―。

 平成22年7月22日に御所の応接間で開かれた「参与会議」の席上、天皇は
「天皇の務めを十分果たせないやうな事態に至る前に譲位したい」
と切り出し、続けて、
「自分は上皇になる」
と言はれたといふものだ。

 天皇が初めて譲位の意向を表明したのがこの時の参与会議で、会議における天皇の発言はかなりの部分がすでに明らかなつてゐる。参与会議の出席者たちがマスコミにしやべつたからである。

 参与会議の出席者は天皇、皇后のほか、参与の3人、それと羽毛田信吾宮内庁長官、川島裕侍従長だつた。

 天皇譲位問題で、宮内庁が策定したマスコミ戦略がある。それは、まづNHKにスクープさせ、宮内庁がいつたんそれを否定し、天皇の「お気持ち」表明のあと、譲位をめぐる天皇の過去の発言をマスコミに一斉にリークするといふ巧妙なものだつた。

 NHKにスクープさせて天皇の「お気持ち」表明の下地をつくり、正式表明のあとは、天皇の譲位の決意がいかに強固なものであるかを国民にアピールするためにマスコミへのリーク作戦を全開させる。これが宮内庁の描いたシナリオだつた。
たのだ。

 平成22年7月22日の参与会議における天皇の発言も、出席した参与らの口からマスコミに語られたものだが、もちろんそんな話を参与らが勝手にマスコミにリークするわけがない。

 それらの証言はすべて宮内庁との綿密な打ち合はせの上になされたものであつたらう。参与らの証言はいはば宮内庁のお墨つきのもの、宮内庁公認の証言とみていい。

 つまり、天皇が「自分は上皇になる」と発言されたといふ参与の証言も、宮内庁「公認」の証言といふことになる。 

 重大な決意をもつて臨まれたであらう参与会議の席で、天皇が譲位の意向を明らかにすると同時に、譲位後の称号をも披歴したといふ意味はすこぶる大きい。「上皇」といふ称号も考へ抜かれた末のことであらう。

 有識者会議で、太上天皇も上皇も意味は同じなどと幼稚な意見を開陳してはばからなかつた「専門家」たちは、次のやうな疑問を持たなかつたのだらうか?

 なぜ天皇は「自分は太上天皇になる」と言はなかつたのだらうか、と。

 「太上天皇」とは本来、譲位した天皇に自動的に付与される称号だつた(太上天皇の称号を辞退する天皇が出たため、以後、新帝がたてまつるのが例となつた)。

 譲位を認めない今の皇室法制には譲位後の称号の規定はないが、過去の先例に倣ふなら、「太上天皇」で十分なはづである。

 譲位した天皇に「上皇」の称号を認めると、上皇と天皇の「二重権力」になるといふ議論があるけれど、歴史上、上皇と天皇の関係は「二重権力」などといふものではない。権力のヒエラルヒーといふ点からみると、上皇は絶対的に天皇の上に位置してゐた。院政が続いてゐた頃、上皇は天皇の継承者を思ひのままに決めることが出来たのである。

 もちろん、現在の法制下では天皇の継承順位は規定されてゐるから、新「上皇」といへど天皇の継承問題に関与する余地はないが、私には、今上天皇が「上皇」といふ称号に前(さき)の天皇といふ以上の意味を籠めてゐることは確かなことのやうに思はれる。




スポンサーサイト
■「自分は上皇になる」と言ひ出したのは今上天皇である
 「譲位後の呼称」論議が触れたがらぬ天皇の「真意」




 天皇譲位に関する有識者会議で、天皇の譲位後の呼称をどうするかといふ問題が議論されてゐる。

 「前天皇」とするか、「上皇」と呼ぶか、「太上天皇」と呼ぶかといふ話である。

 3月22日に開催された第10回有識者会議では、意見を聞かれた3人の専門家(なんだらうね、一応」)たちは、ひとりが「上皇」派、二人が「上皇=太上天皇」派だつた。

 本来「上皇」は、「太上天皇」の「上」と「皇」をとつて、「太上天皇」を略したものだから、「上皇」と「太上天皇」は同じ意味だからどちらでもよいといふのが「上皇=太上天皇」派の意見である。

(「上皇」と呼ぶべきだと述べた人物(本郷恵子・東大資料編纂所教授)は「太上」には無上や至上の意味があるので、天皇との関係で上下感を生まぬやう「上皇」を使用した方がよいといふ珍説を開陳した。どうしても「上皇」を使ひたいので、「太上」の方に難癖をつけるといふ高等戦術を思ひついたものらしい。)

 さてここで、「上皇」といふ呼称について考へてみたい。

 「上皇」といふ呼称はたしかに「太上天皇」に由来するもので、「上皇」の正式な称号はあくまでも「太上天皇」である。

 しかし、歴史の上での使はれ方としては、「太上天皇」イコール「上皇」ではない。

 我が国の歴史において、「上皇」といふ呼称は半ば公称化されてゐたことをみんな忘れたふりをしてゐる。

 白河天皇は譲位後、白河太上天皇と呼ばれたわけではない。白河上皇である。

 鳥羽天皇は譲位後、白河太上天皇と呼ばれたわけではない。鳥羽上皇である。

 鳥羽上皇の執政の時代を鳥羽院政といふ。

 鳥羽院政の頃、「天下を政(まつりごと)するは上皇御一人なり」といはれた。

 院政の院とは、もともと上皇の御所を意味し、上皇の別称としても使はれるやうになつたのだ。鳥羽上皇イコール鳥羽院である。

 上皇という呼称は院政と分かちがたく結びついてゐる。

 「上御一人」(かみごいちにん)といふのが本来の天皇の在り方だが、院政の時代は「上皇御一人」だつたのだ。

 天皇の歴史からみて、いかに院政の時代が変則だつたかが分からうといふものだ。

 院政の時代の最高権力者は上皇と呼ばれた。太上天皇ではない。このことをまづ確認しておかなければならない。
 
 「太上天皇」も「上皇」といふ呼称も意味は同じだからどちらでも構はないなどといふのは、「上皇」といふ呼称の歴史上の使はれ方を故意に閑却した方便にすぎない。


  (この項続く)
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。