Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■天皇譲位特例法のおぞましさ

  妥協の産物としての天皇譲位特例法





  天皇譲位特例法が国会で成立した。
 
 おぞましい限りの法律だと思ふ。

 天皇譲位特例法は「特例法」などと謳つてゐるが、この法律が近い将来、天皇といふ制度を根底からくつがへす火種になるのは目に見えてゐる。

 天皇譲位特例法で最もおぞましいものは、いふまでもなく、衆参両院の委員会で採択された附帯決議の中に「女性宮家の創設」が明記されたことである。

《政府は、安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設等について、皇族方のご年齢からしても先延ばしすることはできない重要な課題であることに鑑み、本法施行後速やかに、皇族方のご事情等を踏まえ、全体として整合性が取れるよう検討を行い、その結果を、速やかに国会に報告すること。》

 「安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設等」といふ文言について、政府・自民党側は、「安定的な皇位継承」と「女性宮家の創設」は切れてゐるので別の問題であると釈明する。「女性宮家の創設等」の「等」には、戦後皇籍離脱した旧宮家の復帰といふ意味なども籠められてゐるのださうな。

 特例法の国会審議では与野党が、附帯決議の内容で合意した後、委員会審議に入ると取り決めてゐた。附帯決議の内容で合意しなければ審議に入れず、特例法の今国会成立が危ぶまれるといふ政府の弱みに付け込んで、附帯決議に「女性宮家の創設」を盛り込ませるべく徹底抗戦したのが民進党の野田幹事長だつた。

 「女性宮家」推進勢力からすれば、附帯決議に「女性宮家の創設」を明記させたのは画期的な勝利といへるだらう。「女性宮家創設」の橋頭保を築くことができたのだから。

 特例法の正式名称は「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」となつた。政府の当初案にあつた「陛下」が消えたのも、譲位恒久化を目論む民進党への譲歩である。

 この結果、特例法は、正式名称は「天皇」、「天皇陛下」は今上天皇の思ひなどを条文化した第一条のみで使はれ、第二条以下では「天皇」と呼称されるといふ世にもグロテスクな姿となつた。

 かくのごとき政治の妥協の産物として成立した、おぞましい天皇譲位特例法。

 そもそも、天皇に関する法律だから、「静かな議論を」とか「国会で全会一致を」とかいふ自民党政府の方針が間違つてゐたのである。

 本音では日本に天皇なんて必要ないと考へてゐる政党や国会議員(共産党、社民党、民進党議員の半分はこれに該当するだらう)をすべて取り込まふとすると、どのやうな現象が起きるか、天皇譲位特例法はその例証をつぶさに見せてくれた。
 
 民主党政権時代に首相として女性宮家創設を画策したのが野田で、野田首相に「女性宮家創設は急務。これは陛下の思し召しでもあります」とささやいたのが宮内庁長官の羽毛田だつた。
 
 羽毛田及び後任の宮内庁長官の風岡、さらに前侍従長の渡辺允などすべて「女性宮家」推進派である(陛下の「忠臣」を看板にして女性宮家のアジテーターと化したのが渡辺だ)。
 
 つまり、「女性宮家」推進勢力の中心に位置するのがほかならぬ宮内庁なのである。

 「女性宮家」推進派とは、改めて説明するまでもなく、「女性天皇」「女系天皇」推進派が看板をかけかへたのにすぎない。
 
 宮内庁を中心とした勢力が、天皇廃絶派と足並みを揃へて推進する「女性宮家」。
 
 この構図は、特例法の制定過程で、より鮮明になつたといへる。
 
 悠仁親王がをられるからなどと安閑としてゐられる場合ではないのだ。






スポンサーサイト
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。