●仏大統領の女性スキャンダルが教へてくれる「事実婚」の真実



 フランス新大統領に社会党のオランドが就任した一昨年5月、日本のあるフェミニストはブログにこんな感想を書き込んでゐる。


《フランスの大統領選挙で新しい大統領に就任したオランド大統領。
 翌日のフランスの新聞の見出しは「NORMAL!」。

「普通」の大統領らしいのですが、私たち日本人にとっては、とても「普通」とは思えない斬新さです。

結婚してない、事実婚の初めての大統領、というのも話題でしたが、新内閣の発表には、驚かされました。

34名の閣僚のうち半分の17名が女性。公約だったんだそうですね。

日本ではありえない!! 同じ時代を生きているとは思えない。すばらしいですね。

どうやったら、あんなに男女共同参画がすすむのか、知りたいです。》

 これを書いたのは福岡県男女共同参画センター「あすばる」の村山由香里館長。「事実婚」大統領にして閣僚の半分が女性ときたから、日本のフェミニストの皆さんたちはオランド大統領誕生にもう拍手喝采。

 そんな興奮が伝はつてくるやうな文章だが、あれから1年半。オランド大統領もいまや女性スキャンダルにまみれて、仏大統領史上支持率最低を更新中。村山館長はじめ日本のフェミニストの方々はオランド大統領の凋落ぶりをどのやうに眺めてゐるのだらうか。

 オランド大統領の女性スキャンダルは、我々日本人に恰好のネタを提供してくれたと私は思つてゐる。

 恰好のネタとは何かといふと、フランスの大統領がいかに女好きかなんてことではない。ミッテラン元大統領が愛人100人ゐたといふ話は、ミック・ジャガーが3000人の女と寝たといふ話と同じ程度に信憑性が高いと思はれるから、フランス大統領の女好きなんて今さら驚くやうなネタではありえない。
 
 では恰好のネタとは何かといふと、それはフランスにおける「事実婚」とは何かといふこと。

 オランド大統領は現パートナーとは事実婚、前パートナーとも事実婚。

 女優のもとに夜な夜なバイクで出かけては「不倫」に及んでゐたとオランド大統領は非難を浴びてゐるわけだが、しかし、「事実婚」といふのは、正式な結婚はしてゐないといふことだらう。

 それでも、事実婚のパートナー以外の女と寝たら、やつぱり「不倫」になるのだらうか?

 他方、大統領のスキャンダルを契機に、世論の攻撃の矛先は現パートナーにも向けられ、正式な妻でもない女が公費でオフィスやを構へスタッフを抱へてゐるのは言語道断、といふ声もあがつてきたらしい。

 さうか、フランスでは「事実婚」のパートナーは、やつぱり正式な妻とはみなされてゐないんだ!
 
 「事実婚」つて何だ?

 フランス大統領の下ネタ・スキャンダルにしばらくお付き合ひしてみようか。日本のフェミニストたちが教へてくれないことが色々見えてくると思ふよ。

  (この項続く)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
南明奈の衝撃動画がネットで噂!
きのう27日にお笑いコンビ・よゐこの濱口優(42)との交際を発表したタレントの南明奈(24)が、28日付の自身のブログで、周囲から大きな反響があったことを明かしていたのでが・・・
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ