■小保方晴子さんへの手紙(第十一信)

 ヴィヴィアン・ウエストウッドに関する一考察


 冠省

 9日に開かれた小保方さんの記者会見の後、日本中の研究者があなたのSTAP細胞実験200回成功発言に憤激するのをよそに、あなたの髪型はどこのヘアサロンだの、メイクのテクニックはどうのと、小保方さんの美容・ファッションに対する追及は割烹着騒動を上回る狂態ぶりを呈して、小保方フィーバーは頂点に達した感があります。果ては、小保方さんの使つてゐるファウンデーションのメーカーは○○、頬紅は○○なんて詮索が開始されると考へると空恐ろしくなります。

 記者会見の際にの御服はやはりヴィヴィアン・ウエストウッドだつたのですね。結局、あなたは服にしろバッグにしろ指輪にしろヴィヴィアン・ウエストウッド一本槍らしい。

 高級ブランドとは言ひながら、ヴィヴィアン・ウエストウッドは日本ではルイ・ヴィトンやグッチに比べると知名度において格段に劣るやうですが(私は名前も知りませんでした)、第一次(1月)第二次(4月)小保方効果が、ヴィヴィアン・ウエストウッドの知名度を飛躍的に上昇せしめたことは確実と思はれます。同社の売上げは一体、いくら伸びたものやら。ヴィヴィアン・ウエストウッド社はあなたに感謝状を200枚くらゐ贈るべきでせう。

 人のことは言へません。実は不肖も先般、ヴィヴィアン・ウエストウッドを買ひ求めようとしたことがあつたのです。女性用ハンカチを買はうと思つて(実は娘の就職祝ひです)デパートに行つたら、目に飛び込んできたのがヴィヴィアン・ウエストウッドのコーナー。この際、小保方さんにちなんでヴィヴィアン・ウエストウッドもいいなと選び始めるや、目が三角になりました。けばけばしい色、奇怪なデザイン。どれもこれも宇宙船みたいな絵柄が入つてゐて、宇宙船がないのもそれなりにどぎつくて、「女の新入社員がこんなハンカチを取り出したら、会社の人に笑はれやしまいか」と不安がよぎり、結局購入を断念。ヴィヴィアン・ウエストウッドの初購入体験は失敗に終はりましたが。

 女性のブランド商品には至つて疎い私ですが、世界的ブランドが確立されるまでのブランド・ストーリーとか、ブランドをつくつた人物の生き方だとかには限りなく興味をそそられるので、ヴィヴィアン・ウエストウッドのことも調べてみました。驚愕しました。この大英帝国勲章を受章した世界的デザイナーは、正しく怪女です。

 今年御年73歳。彼女の71歳の時のヌードにネット上で遭遇して、危うく目がつぶれさうになりました。黄色に近い金髪、どぎつい化粧、真つ赤な口紅。この顔が笑つたヌードといつたら、ちよつと形容の言葉がありません。

 「パンクの女王」、ロック、セックスピストルズ、「アバンギャルドの女王」「伝統をもって未来をつくる」―これがヴィヴィアン・ウエストウッドのブランド・ヒストリーのキーワードのやうです。

 無政府主義団体に所属するパートナー、マルコム・マクラーレンとともにロンドンのキングスロードにブティックを構へたのが1971年、30歳の時。2年後に店名を「SEX」に変更。ここで二人がプロデュースしたのがパンクロックバンド「セックスピストルズ」。バンドに着せた過激なパンクファッションが若者から爆発的な支持を受け、「パンクの女王」の異名をとることになりました。
 
 やがて、マルコムのアドバイスもあつてヨーロッパの伝統にも目を向け始め、反逆性にエレガンスを加味したアバンギャルドなデザインに方向転換を図つて、デザイナーとしての名声を確立。1982年にはパリコレクションにも進出し、このあたりから世界的ブランドへの飛翔が始まり、今日に至ります。日本進出は1996年、日比谷の旗艦店が始まりでした(今の旗艦店は青山にある由)。

 ヴィヴィアン・ウエストウッドの歴史を読むと、デザイナーとしての卓抜な才能と、女性部門のラインを分割したりメンズラインやカジュアルラインを新設したりと事業化としての才能に加へ、奇抜な服装で現れたり人を驚かすやうな発言(その中には英国王族の服装批判なんてのもありますが)をしたりしたりして、ヴィヴィアン・ウエストウッド自身がブランドの広告塔になつてゐることがよく理解できました。71歳のヌードはあんまり感心できませんが。

 それから彼女の人生で気がつくのが、男性の存在です。

 1963年、21歳の時、デレク・ウエストウッドと結婚(ブランド名でもあるウエストウッドは最初の夫の姓でした)。3年後に離婚し、ほどなくマルコム・マクラーレンとパートナーシップの関係に入りました。

 マルコムは仕事上のパートナーでもあり、この関係が以後18年間続いて、デザイナーとしての基礎が築かれたのがこの時期です。

 マルコムとの公私のパートナーシップ関係を解消したのが1983年。その翌年、新たなパートナー、カルロ・ダマリオとイタリアに移り住みます。
 
 カルロと別れた時期ははつきりしませんが、1996年には、25歳年下のアンドレアス・クロンターラーと結婚。彼女が一時大学教授をしてゐた時代の教へ子で、結婚後、仕事上のパートナーにもなりました(今はアンドレアスがクリエイテイブディレクイター、メインディレクイターがヴィヴィアンといふ役割分担のやうです)。

 ヴィヴィアン・ウエストウッドには、21歳で結婚して以来、73歳の今日まで、ほぼ切れ目なく、男性の存在があつたことが分かります。

 ブランド創始者と男性遍歴といふ話になると、私が頭に浮かべるのがココ・シャネルです。シャネルの5番のあのシャネル。

 大勢の男たちがココの生涯を通りすぎます。

 田舎で歌手を目指して頃から交際し、ココをパリに連れて行つた将校のエティエンヌ・バルサン。

 次の恋人が、ココが生涯で最も愛したといはれる実業家アーサー・カペル。1910年、彼の資金でカンボン通りに開店したシャネル帽子店がシャネルのスタートとなります。

 カペルとの仲は10年ほど続きますが、カペルの結婚で破綻。のちに再会して、二人が結婚を考へ始めた頃、カペルが交通事故で急死。

 サロンに出入りするやうになり、そこで知り合つたストラヴィンスキー、ジャン・コクトー、ロシアのディミトリー大公らと次々に交際。恋人のディミトリー大公から有名な調香師エルネスト・ボーボーを紹介されことが、香水の世界に進出するきつかけとなります。

 このあと、イギリスのウェストミンスター公と6年ほど交際。彼からプレゼントされた宝石類に触発されてジュエリーを製作するやうになります。

 50歳の時、ポール・イリブといふデザイナーと愛人関係になりますが、ココと一緒にテニスをしてゐた時、心臓発作で急死。

 60歳の時、30歳年下のドイツ人、スパッツとの恋が始まります。ココの最後の恋人。スパッツがドイツの情報機関に属してゐたことから、ココはスイスに亡命。敵国の男を愛した女としてフランス人は戦後もココを許さず、彼女は長い間沈黙を余儀なくされますが、1954年に活動を再開。最終的にシャネルブランドは世界制覇に成功したのでした。

 ココと数多の男たちとのドラマを読むと、あまりの波瀾万丈ぶりに圧倒されて頭がクラクラするほどです。

 さて、ヴィヴィアン・ウエストウッドとココ・シャネルのことを縷々綴りましたが、小保方さんは別にデザイナーの人生などには関心はなくて、ただヴィヴィアン・ウエストウッドのデザインが好きだから愛用されてゐるのかもしれません。

 あなたが恋多き女性かどうか存じませんが、私はヴィヴィアン・ウエストウッドやココ・シャネルの奔放な男性遍歴を振り返ると、今日本中のマスコミが血眼になつて追ひかけ回してゐるあなたのスキャンダルなんか、結局職場における単なる男女関係の問題にすぎないんじやないの、といふ意見をつぶやきたくもなるのです。

 日本の至るところの職場で発生してゐるであらう男女関係(愛憎どちらにせよ)。それとなんら変はるところはない。ただそれが、「ノーベル賞級の大発見」絡みの話だつたために、話がとんでもなく大きくなつてしまつた。

 「ノーベル賞級の大発見」といふ誇大広告を打ち上げてしまつたのは、もう一方の当事者であるあの方(小保方劇場第二幕にあす初登場なさるさうですが)御自身なのですけれども。
 
 職場の火遊び(失礼)のつもりがこんな騒動に発展してしまつて、正直、私は同じ男として、あの方を気の毒に思はぬでもありません。なんて言ふと、あなたに怒られるかな。

 ではまた。
                      怱々


 平成二十六年四月十五日
                       千葉展正 
 

小保方晴子様

                       

追伸

ヴィヴィアン・ウエストウッドの自伝が今秋出版されるとのこと。是非読んでみたいですね。その時まであなたへの関心を持続してゐれば。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ