上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●「戦後70年談話」などやめてしまへ(3)

 愚民保守向けの知能テスト



 私が愚民保守向けの知能テストと呼んでゐるものがある。それは次のやうなテストだ。

 *********

 次に上げるふたつの文章は、我が国が戦つた昭和の戦争について、日本の首相が表明した所感です。(A)と(B)についてそれぞれ首相名を応へて下さい。 

(A)我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明するとともに、先の大戦における内外のすべての犠牲者に謹んで哀悼の意を表します。 

(B)わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に過ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます。


 ************

「ほとんど同じじやないか」
「両方とも村山富市だろ」

 愚民保守たちから返つてくる答へはこんなものだらう。

 正解は、
(A)が小泉純一郎
(B)が村山富市
 である。

(A)は小泉首相が平成17年8月15日に出した戦後60年の首相談話。
(B)が村山首相が平成7年8月15日に出した戦後50年の首相談話。いはゆる村山談話。

 改めて小泉談話を読み返してみると、日本断罪史観丸出しの村山談話を恥ずかしげもなくなぞつたものだと感心するほどである。

 タカ派首相といはれた小泉純一郎が村山談話を引き写したやうな小泉談話を出したのはなぜか? その理由と背景を分析することほど、現安倍政権下の政治状況を分析する上に有益なことはない。

 
 




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。