上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【二十一世紀に讀む三島由紀夫】

 
(第1回)「私の中の二十五年」



《私の中の二十五年を考へると、その空虚に今さらびつくりする。私はほとんど「生きた」とはいへない。鼻をつまみながら通りすぎたのだ。
 二十五年前に私が憎んだものは、多少形を變へはしたが、今もあひかはらずしぶとく生き永らてゐる。生き永らてゐるどころか、おどろくべき繁殖力で日本中に完全に浸透してしまつた。それは戦後民主主義とそこから生ずる偽善といふおそるべきバチルスである。》

《二十五年間に希望を一つ一つ失って、もはや行き着く先が見えてしまつたやうな今日では、その希望がいかに空疎で、いかに俗悪で、しかも希望に要したエネルギーがいかに厖大であつたかに唖然とする。これだけのエネルギーを絶望に使つていゐたら、もう少しどうにかなつてゐたのではないか。》

《私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行つたら「日本」はなくなつてしまふのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなつて、その代はりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、或る経済的大國が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである。》
(「果たし得てゐない約束―私の中の二十五年」 サンケイ新聞 昭和四十五年七月七日)


 三島由紀夫の「果たし得てゐない約束―私の中の二十五年」が新聞に掲載された昭和四十五年七月七日といへば、自決の四ヶ月ほど前にあたり、「無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、或る経済的大國」といふ言葉とともに、文学作品を別にすれば三島由紀夫のエッセイでは最も引用される文章といへるかもしれない。(三島の友人の村松剛は「無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない」といふ表現を本人の口から聞いたことがあると書いてゐる。)

 戦後民主主義に冒された日本社会への呪詛。それに対して自分は何をしてきたのか。

《否定により、批判により、私は何事かを約束して来た筈だ。(中略)その約束を果たすためなら文学なんかどうでもいい、といふ考へが時折頭をかすめる。これも「男の意地」であらうが、それほど否定してきた戦後民主主義の時代二十五年間を、否定しながらそこから利得を得、のうのう暮らして来たといふことは、私の久しい心の傷になつてゐる。》

 村松剛の指摘するやうに(『三島由紀夫の世界』)、全体が苛立たしげな文体で、交友についてもこのやうに語られる。

《私はこの二十五年間に多くの友を得、多くの友を失った。原因はすべて私のわがままに拠る。私には寛厚といふ徳が欠けてをり、果ては上田秋成や平賀源内のやうになるのがオチであらう。》

 村松は「私の中の二十五年」には「彼の文章の特色である諧謔や逆説は、ここには影もない」と言ってゐるけれど、「果ては上田秋成や平賀源内のやうになるのがオチであらう」というくだりにわずかに諧謔が顔をのぞかせるてゐるのではないか。

 上田秋成は心を許した友も門弟もなく徹底した孤独の中で小庵に七十三年の生涯を閉じ、晩年人間不信に陥りつまらぬことから殺傷事件に及び五十一歳で嶽死したと伝へられるのが平賀源内だつた。

 三島由紀夫は上田秋成にも平賀源内にもなるはずもなかつた。なぜなら、彼はこの文章を書いたとき、楯の會會員とともに行動を起こし自分は切腹することを既に決めてゐたからである。

 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。