上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●虚偽とごまかしに満ちた戦後70年安倍談話
 「侵略」「お詫び」等の挿入は公明との出来レース
 支持率急落に怯えて村山談話に急接近した安倍首相




 無学な安倍首相もその名前くらいは知つてゐるであらう、東京裁判において日本人被告全員の無罪を主張したインドのパール判事はその判決文の最後をこのやうに締めくくつてゐる。

《時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また理性が虚偽からその仮面を剥ぎ取つた暁には、そのときこそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら過去の賞罰の多くにその所を変へることを要求するであらう。》

、 日本侵略史観に全身全霊をもつて立ち向かつたパール博士は、時が東京裁判の虚偽を剥ぎ取ることを信じてゐた。しかし、どうやら敗戦後70年といふ時間は、パール博士の想定した「時」にはまだまだ不足してゐるらしい。戦後70年もたつといふのに、日本の総理大臣がその談話に「侵略」「お詫び」「反省」などの文言を入れるか入れないかですつたもんだし、挙句に完成した談話には「植民地支配」「侵略」「お詫び」「反省」の4点セットが見事に盛り込まれたのだ。虚偽とごまかしに満ちた談話を、あたかも何か画期的な文書であるかのごとく得々と披瀝する日本国総理大臣。地下のパール博士はこの光景を眺めて何と言ふであらうか。

 安倍談話の中で、ごまかしの最たるものは次の文言だらう。

《あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。》

 村山やら小泉やらの売国総理大臣が日本の「植民地支配」と「侵略」と「お詫び」を大々的に世界に喧伝したから、今の子供たちは謝罪意識を刷り込まれてゐるのだ。村山と小泉の驥尾に付して自分も「植民地支配」と「侵略」と「お詫び」と「反省」をご丁寧に盛り込んだ談話を作成しておきながら、「先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」もないものだ。これがごまかしでなくてなんであらうか。

 安倍談話でさらに許しがたいのは、このくだりである。

《我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。その思いを実際の行動で示すため、インドネシア、フィリピンはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など、隣人であるアジアの人々が歩んできた苦難の歴史を胸に刻み、戦後一貫して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。

こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります。》

 村山談話と小泉談話に自分が同調すると言明するのみならず、「こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります」とシャーシャーと言つてのけてゐるのだ。「今後も」といふ意味は、この先短命に終はるであらう自分の内閣のことだけではなく、今後の日本の内閣も含めてのことらしい。今後の日本の内閣が村山談話・小泉談話の立場で「揺るぎない」と言ひ切るなど、一首相としての立場をわきまえない暴言、といふより空論である。将来、まともな歴史観とそれを実行に移す能力を持つた首相が出て、「村山談話・小泉談話(それから安倍談話)は間違つてゐる」と世界に表明してくれる総理大臣が日本に出現しないと誰が断言できるのか。「揺るぎない」なんてこんな時に持ち出す文言ではない。
 
 安倍首相にとつて今一番恐いのは内閣支持率の低下である。安倍首相が過去にあれほど疑問を呈してきた村山談話に急接近したのは、支持率低下と無関係とは思はれない。支持率低下に歯止めをかけて安保法制を通すにはどうしたらよいか? 安倍首相の平和主義者としての姿勢を国民にアピールすること。丁度いい、戦後70年談話で、平和を愛する安倍首相をアピールしよう。かくて、戦後70年首相談話が支持率低下歯止めとして犠牲に供されたといふのが真相である。

 安倍首相が当初公明党に示した談話の原案には、侵略の文言もお詫びの文言も見当たらなかつた。これに対して公明党が不満を表明する。そして公明党の主張を容れて最終的に植民地支配、侵略、お詫び、反省の4点セットが安倍談話盛り込まれたといふことになつてゐる。安倍官邸と公明党とのあまりに見え透いた出来レースである。

 支持率低下に怯えた安倍官邸は、談話に侵略やお詫びを入れることをおそらく7月あたりに決めてゐた。しかし安倍首相の意志で侵略やお詫びを談話に入れたといふのでは(愚民)保守たちが納得しない。なんといつても安倍政権支持層のコアの部分は、安倍首相を真正保守と信じて疑はない(愚民)保守層なのだ。(愚民)保守層が安倍離れを起こせば、第一次政権時と同じやうに内閣支持率は完全に底割れしてしまふ。そこで安倍官邸団が考へついたのが、公明の要求によつて安倍首相は談話に侵略やお詫びを入れざるをえなくなつたといふエクスキューズだ。

 安保関連法案問題で創価学会員は公明党離れを起こしてゐるといはれるが、公明党の主張を受けて安倍首相が侵略やお詫びを入れたとなれば、公明党にとつて創価学会員に向けたこれほどいい宣伝はない。自民党にとつても800万といはれる創価学会票のつなぎとめにはかりしれない効果を期待できる。

 以上のことをとてもわかりやすく表現すると、安倍首相は支持率低下に歯止めをかけて政権を延命させるために戦後70年談話を「売つた」といふことになるのかもしれない。

 戦後70年の首相談話など出さずにすむこともできたのに安倍首相はそのやうにはしなかつた。わざわざ日本侵略史観の持ち主たちが多数を占める(最終的に「侵略」の表現に反対したのは二人のみ)有識者会議まで設けたことで、首相談話に対する近隣諸国の関心をいやが上にも高め、中国や韓国を対日攻勢に駆り立てた。

 安倍首相の昨今の、いや第一次政権以来の迷走ぶりを見てゐると、ラ・ロシュフコーの次のやうな箴言を思ひ起こさずにはゐられない。

 「世には、頓馬に生まれついた人がある。みずから好き好んで頓馬なことをするばかりでなしに、運命までが頓馬なことをするやうに強いた人間である。」


 このやうな人物がいまだに総理の座にとどまつてゐるのは、ただただ日本の不幸といふしかない。

 今を去る三十数年前、若き日の安倍晋三は外務大臣である父安倍晋太郎の秘書官をつとめてゐた。秘書官の仕事がイヤでたまらない彼は仕事をそそくさと切り上げると、毎日マンガとテレビゲームに熱中してゐた。安倍首相よ、悪いことはいはない、一刻も早く総理大臣なんかやめて、マンガとゲームの世界に戻つた方がいい。国をこれ以上誤らないためにも。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。