上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■夫婦別姓のカラクリ(9)

 違憲偽造犯最高裁の詐欺的手法
 20年前の最高裁合憲判決をつまみ食いひ



 「詐欺」とは、法律用語では、「他人をだまして錯誤に陥れる行為」とされる。

 この意味からするなら、最高裁の「女性の再婚禁止期間」違憲判決は正しく詐欺的判決といふことができる。最高裁によつて駆使された、国民に対する騙しのテクニックを分析してみよう。
 
 マスコミがフェミニストたちのはしやぎぶりばかりを伝へるものだから、ほとんどの国民が誤解してゐるが、「女性の再婚禁止期間」をめぐる今回の最高裁判決は、原告が敗訴した裁判なのである。

 最高裁判決の主文は次の通り。

《本件上告を棄却する。
 上告費用は上告人の負担とする。》

 民法の「女性の再婚禁止期間」規定については、過去に最高裁の判例がある。平成7年12月5日に最高裁第三小法廷が出した判決だ。この時の判決の主文がこれ。

《本件上告を棄却する。
 上告費用は上告人の負担とする。》

 同じ民法の規定に関して、20年を隔てて最高裁が出した二つの判決の主文は全く同一。ともに原告敗訴の判決だ。

 同じ原告敗訴の判決なのに、二つの判決のどこが違ふかといへば、20年前の最高裁判決は民法の規定の合憲性を肯定したのに対し、今回の最高裁判決は違憲の判断をすべり込ませたことにある。

 平成7年の最高裁判決を読んでみる。

《上告人らは、再婚禁止期間について男女間に差異を設ける民法七三三条が憲法一四条一項の一義的な文言に違反すると主張するが、合理的な根拠に基づいて各人の法的取扱いに区別を設けることは憲法一四条一項に違反するものではなく、民法七三三条の元来の立法趣旨が、父性の推定の重複を回避し、父子関係をめぐる紛争の発生を未然に防ぐことにあると解される以上、国会が民法七三三条を改廃しないことが直ちに前示の例外的な場合に当たると解する余地のないことが明らかである。したがって、同条についての国会議員の立法行為は、国家賠償法一条一項の適用上、違法の評価を受けるものではないというべきである。
 そして、立法について固有の権限を有する国会ないし国会議員の立法行為が違法とされない以上、国会に対して法律案の提出権を有するにとどまる内閣の法律案不提出等の行為についても、これを国家賠償法一条一項の適用上違法とする余地はないといわなければならない。》

 論点はふたつある。ひとつは、民法733条の規定が違憲かどうかといふ問題。もうひとつは、民法の規定の改廃について、立法の不作為を問ふことができるかといふ問題。

 前者の憲法問題について、平成7年の判決は、「憲法一四条一項に違反するものではなく」と明らかに合憲性を肯定した。その上で、後者の立法不作為に関して国家賠償法の適用を否認したのだつた。

 今の最高裁にとつても当然平成7年の合憲判決を避けることはできない。

 しかし、20年前に最高裁が合憲と認定したことに触れれば、ヤブヘビになつてしまふ。そこで最高裁が案出した詐欺的手法が、平成7年判決の合憲判断の部分には頬かむりして、次のやうに、立法不作為否認の部分だけをつまみ食ひすることだつた。

《平成7年には、当裁判所第三小法廷が、再婚禁止期間を廃止し又は短縮しない国会の立法不作為が国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受けるかが争われた事案において,国会が民法733条を改廃しなかったことにつき直ちにその立法不作為が違法となる例外的な場合に当たると解する余地のないことは明らかであるとの判断を示していた(平成7年判決)。》

 違憲判断は出したい。しかし、立法不作為による国家賠償法請求は退けたい。そこで平成7年判決の立法不作為否認の部分だけをつまみ食ひしてこれに利用する。他方、20年前に最高裁が合憲と判断したことに関しては、一切沈黙。この国民を小馬鹿にした最高裁流ごまかしのテクニックをよく心にとどめてほしい。

             (この項続く)

 






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。