上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■安倍晋三は売国奴か(5)

 国会でヌケヌケと河野談話を読み上げた安倍首相
 ほとんど出来レースの国会質疑




 慰安婦問題の日韓合意を伝えた海外の報道ときたら、ほとんど「sex slaves」一色という有様だつた。

 ワシントンポストの記事などその典型で、見出しがこれ。

《South Korea, Japan reach settlement on wartime Korean sex slaves》

 「韓国日本が戦時韓国人性奴隷問題で合意」と見出しに「sex slaves」が踊る。

 もちろん本文でも「sex slaves」が頻出する。

《 Japan and South Korea said Monday that they had “finally and irreversibly” resolved a dispute over wartime sex slaves that has bedeviled relations between the two countries for decades.》

《Independent historians have concluded that as many as 200,000 women and girls ? from occupied countries including Korea, China, the Philippines and other Southeast Asian nations ? were coerced by the Japanese Imperial Army to work as sex slaves during the war.》

 「sex slaves」の話題が好きな欧米のジャーナリズムにとつて、日韓合意は実に恰好のネタだつた。 

 日本政府が、
「慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から,日本政府は責任を痛感している」
 と声明を出したのだから、欧米ジャーナリズムが「sex slaves」に飛びついたのは必然の成り行きだつた。

 日本政府が慰安婦問題で「軍の関与の下に」と言明するのは、世界中のジャーナリズムに向かつて、どうぞ「sex slaves」とお書き下さいと慫慂したに等しい。欧米ジャーナリズムは日韓合意声明によつて、慰安婦を「sex slaves」と呼称するお墨付きを得たと考へるのも無理はない。

 安倍首相も外務省も、河野談話を上塗りした日韓合意声明を出せば、海外でこんな反応を引き起こすことは百も承知だつたと思はれる。

 安倍首相は参議院予算委員会の答弁で、性奴隷や慰安婦20万人などの報道を「誹謗中傷」と白々しく述べたが、「誹謗中傷」を助長した自分の罪科については語らなかつた。

 安倍首相の性奴隷報道批判が口先だけにすぎないことは、同じ質疑の中で「軍の関与」の意味について、ヌケヌケと次のやうに説明したことからもうかがへる。
 
《慰安所の設置については軍当局の要請により設置されたものであり、慰安所の設置及び慰安婦の移送について旧日本軍が直接あるひは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については軍の要請を受けた業者が主にこれにあたつた》

 この文言の出所、何だかお分かりか?

 あきれたことに、あの河野談話なのである。河野談話にはかうある。

《慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たった》

 安倍首相の答弁は河野談話の丸写しだつたのだ! 一字一句忠実に河野談話をなぞつてゐることがお分かりいただけよう。答弁書は外務官僚が作成したものだらうが、 安倍首相に河野談話の文章をそのまま読み上げさせて喜色満面の外務官僚たちの顔が見えるやうだ。

 安倍首相の性奴隷報道批判は国内保守派向けのポーズにすぎない。その裏で、このやうな形で着々と河野談話の箔付けが図られてゐることを銘記しよう。国民を欺く狡猾な二枚舌といふしかない。

 質問者(中山恭子)は、この答弁が河野談話の引用であることを知つてか知らずか、「それを聞いて安心致しました」と安倍首相への阿諛で質問を締めくくつたが、安倍首相と中山恭子の親近性(拉致問題等)を考へると、この質疑は限りなく出来レースの匂ひがする。 

 国会の出来レース質疑を真に受けて、「安倍さんの考へは変はつてゐない」と無邪気に信じてゐる保守派は頓馬といふしかない。

この期に及んで国会で河野談話を一言一句正確になぞる総理大臣を売国奴と呼ぶのは間違つてゐるだらうか?



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。