上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■モンスター女を生んだフェミバカ政権
 「保育園落ちた」ブログにオタオタする安倍首相の醜態
 

 
 
 「保育園落ちた日本死ね」ブログをめぐる安倍官邸の右往左往ぶりは、もはや醜態の極みと呼ぶしかない。
 
 薄汚い言葉(これ、言葉か?)に満ちた「保育園落ちた日本死ね」ブログの醜悪さと、起きてゐる事態がまるで理解できずオタオタしてゐる総理大臣の醜態ぶりが、この問題の本質を実によく物語つてゐる。

 安倍首相は、国会で「保育園落ちた」ブログ問題が取り上げられた時、はじめにかう言つた。
 
 《本当に起こつてゐるのか確認しようがない》
 
 国会で次にブログ問題が取り上げられ、福島瑞穂に「政策の失敗」といはれた時、かう述べた。
 
 《政策の失敗といふが、失敗ではなくて、福島委員が政権におられたときよりも20万人、40万人増やしてゐるんですよ》
 
 と、声を荒げてこのフェミニストに反論したのだが、国会で三度目の答弁はといふと。
 
 《子供を産み育てる若い家族を取り巻く環境を、もつと温かく配慮に満ちたものにしなければなりません》

 《(2万8千人の署名を)私も拝見しました。なかなか保育所に預けることができないといふ切実な思ひが伝はつてきました》

 《仕事と子育てが両立できるよう働く方々の気持ちを受け止めながら、待機児童ゼロに向けて万全を期していきます》
 
 福島瑞穂に色をなして反論した勢ひいはどこへやら、ひたすら低姿勢に転じたのだつた。

 君子ならぬ小人総理の態度豹変の理由はただひとつ。「保育園落ちた」ブログがネット上で影響力を増し、野党に参院選で「待機児童」問題を争点化されればまずい。ここはひたすら低姿勢をつらぬかう、と。
 
 要するに自民党が女性有権者の動向に恐れをなしたといふおそまつ極まりない構図なのだが、たかがブログ一本の記事が、それが自然発生的に拡散したものにせよ、計画的に練られたものにせよ、その影響力に政権党がおののくといふ醜態。

 それにしても、「保育園落ちた」ブログは言葉使ひといひ内容といひ、書いた当人の下劣な精神をよく示してゐる。市役所だとか学校だとかにねじ込むモンスター女の典型といへるが、こんなモンスター女の書いたブログがそこらのクズブログと一緒に埋没しなかつたのはなぜなのか? 

 それはブログの中に「一億総活躍社会」といふ言葉を登場させたからだ。

 「一億総活躍社会」を持ち出したことで、モンスター女のヒステリックな喚き声が、もつともらしい要求に化けて、あれよあれよといふ間に「ごもつともな御主張」に祭り上げられてしまつたのだ。

 こんなモンスター女を出現させた元凶は誰かといふと、それははつきりしてゐる。

 「女性が輝く社会に」だの「一億総活躍社会」だのといふ歯の浮くやうなスローガンを日本の女たちに振り撒いてきた安倍首相、その人しかゐない。

 頓馬な総理大臣はまだそのことに気づかない。悲劇といふべきか喜劇といふべきか。

 (この項続く)




 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。