上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 天皇の「生前退位」といふ表現の陥穽
NHKスクープ報道の害毒



 
 すべては、13日午後7時のNHKスクープ報道から始まつた。正確にはその一分前にNHKが流したテロップか。
 
 《天皇陛下 「生前退位」の意向示される》
 
 後を追つた新聞・放送などのマスコミは全社が全社、NHKの表現に右へ倣へした。

 《天皇陛下 「生前退位」の意向》

 かくて新聞の見出しからからテレビのワイドショーのタイトルまで、「天皇」の「生前退位」があふれ返ることになつてしまつた。

 天皇の歴史において、「譲位」はあつたが、それが「生前退位」などと呼ばれたことは一度もない。

 「譲位」と「生前退位」といふ表現は似て非なるものだ。
 
 「譲位」とは、天皇が在世中、皇嗣に位を譲ることをいふ。「譲国」も同じ意味で、これを和語では「みくにゆづり」といつた。
 
 天皇がその位を「ゆづる」から「譲位」なのだ。

 ところが、「退位」には位を「ゆづる」といふ意味合ひはまつたくない。
 
 「退位」とは、新潮国語辞典によると、

  ①帝王の位を退くこと。
  ②官位を辞すること。
 
 「退位」には、文字通り位を退くといふ意味しかない上に、帝王以外にも使はれる言葉なのだ。

 「退位」といふ言葉には世襲、世継といふ観念が完全に欠落してゐる。

 「退位」を英語ではなんといふか?
 
 abdication
 
 退位するは、abdicate。
 
 abdicate は、王位、権利、責任などを捨てる、放棄するといふ意味だから、「譲位」にある「ゆづる」といふニュアンスなど毛ほどもないことが分かる。
 
 今上天皇が仰せられたといふ「譲位」は、天皇の位を捨てるとか放棄するといふ次元の話か。

 「天皇」の「譲位」に「退位」といふ言葉を使ふのは、無知によるものでなければ、悪意的な誤用である。
 
 (この項続く)




 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。