■第9条の「加憲」はやりませんといひ始めた公明党



 公明党の山口代表が7月21日の記者会見でしやべつたことは実に画期的だ。

 憲法第9条に関して、「現行憲法の解釈の限界を示し、平和安全法制(安全保障法制)をつくつた。それを自己否定する議論をするつもりはない」と述べたのだ。
 
 つまり第9条は改正の必要はないといふ見解である。
 
 公明党は、憲法第9条は変へずに自衛隊の存在を明記する「加憲」なる珍案を唱へ、二年前の衆院選の公約でも9条加憲を「慎重に検討する」と説明してゐたが、ここへきて9条の「加憲」などやる気はまつたくありませんといひ始めたのだ。山口の発言が画期的とはさういふ意味だ。
 
 自民党にくつついて政権にぶら下がつてゐたい公明党が、苦肉の策としてひねり出したのが第9条の「加憲」だつたが、とうとう「加憲」といふ欺瞞の命運も尽きたといふわけだ。
 
 今後、改憲論議が進めば進むほど、公明党の反「改憲」体質が暴露されるはずだ。この政党が社民党や共産党と同レベルの「護憲」政党であることが誰の目にも明らかになるだらう。
 
 公明党の反「改憲」体質が暴露されれば、自公連立政権の「闇」も暴露されずにはおかないだらう。さて、なにが飛び出してくるか。私はそれを楽しみにしてゐる。 









 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ