上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■天皇の国民に対する「背信」(3)


 天皇譲位の意向を知りながら作成された御陵関連文書




 天皇が譲位した場合、むかしはその御位を太上天皇、または上皇と呼びならはした。太上天皇・上皇が出家すれば法皇と呼ばれた。
 
 天皇の墓所を御陵といふ。太上天皇も天皇の位にあつたお方だから、太上天皇が崩御されれば御陵に葬られた。(崩御という言葉は、現在は天皇、皇后、皇太后に用ゐられるが、太上天皇がおわした時代には太上天皇にも用ゐられた。)
 
 天皇が御自分の墓所である御陵に関して言及されたとしても、そのこと自体に特に異をたてようとは思はない。
 
 しかし、譲位や太上天皇の制度が存在しない平成日本において、天皇が御陵や御喪儀に関して言及されれば、国民はどのやうに受け取るか。天皇が天皇の御位のまま崩御される、天皇はその時のことを考へてをられると受け取るのは当然ではないか。
 
 ましてや、天皇御自身が天皇の御位のまま崩御されるといふ前提で話をされてゐるのだ。
 
 三年前に宮内庁から発表された「今後の御陵及び御喪儀のあり方についての天皇皇后両陛下のお気持ち」と「今後の御陵及び御喪儀のあり方について」といふ二つの文書ほど、国民を惑はせた皇室文書は国史上まれなのではないか。
 
 天皇の御意向に従つて、御陵御喪儀に関する一年に及ぶ検討が宮内庁においてなされた。その結果、火葬をはじめとして天皇の希望はすべて取り入れられた。ただひとつを除いて。それは皇后との合葬である。合葬に反対したのは宮内庁か? 違ふ。皇后である。皇后が合葬を辞退されたのである。そのことについて皇后の御発言がある。
 
《上御一人かみごいちにん」との思いの中で、長らく先帝陛下、今上陛下にお仕えになってきた経緯からも、それはあまりに畏れ多く感じられるとされ、また、ご自分が陛下にお先立ちになった場合、陛下のご在世中に御陵がつくられることになり、それはあってはならないと思われること》(「今後の御陵及び御喪儀のあり方についての天皇皇后両陛下のお気持ち」)

 自分が陛下に先立ちつた場合、《陛下のご在世中に御陵がつくられる》ことになり、それはあつてはならない、といつてをられる。天皇が最後まで天皇の位にをられるといふ前提で話をされてゐることが分かる。

 天皇の譲位の御意向はこの時既に皇后もご存じだつたはづである。
 
 皇后のみならず、宮内庁幹部も天皇譲位の御意向は知つてゐた。その上で、これらの文書が作成されたのだ。
 
 天皇譲位をめぐる一連の動きの不自然さは、御陵御喪儀問題を抜きにしては考へられないと思ふ。
 
  (この項続く)






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。