■憲法改正ゴッゴの行方 

 「再び侵略的国家とはならない」といふ「中山三原則」を掲げた
  憲法調査会は何をしたか?




衆参両院には現在、憲法審査会が設置されてゐて、憲法改正問題についてはこの憲法審査会がもつぱら審議することになつてゐる。

 この憲法審査会の前身ともいふべき存在が、平成12年から平成17年まで衆参両院に設置されてゐた憲法調査会だ。

 衆議院憲法調査会の会長をつとめたのは、憲法調査会設置の旗振り役だつた自民党の中山太郎で、衆議院憲法調査会は平成17年に報告書をまとめて議長に提出した。

 この衆議院憲法調査会には、会長の中山太郎が提唱した「中山三原則」というのがあつて、 
 「人権の尊重」
 「主権在民」「
 「再び侵略的国家とはならない」
 といふのがそれだ。

 憲法の教科書に載つてゐる日本国憲法の三原則とは、
 「基本的人権」
 「主権在民」
 「平和主義」  
 だけれど、この中の「平和主義」を「再び侵略的国家とはならない」と言ひ換へたところに、中山会長及び憲法調査会の性格がよくあらはれてゐる。

 「中山三原則」がこんな調子だから、憲法調査会の報告書の内容も推して知るべし。憲法の各条文についてこんな意見が出た、こんな意見が多く出たといふ記述の羅列ばかり。5年の歳月を費やし、海外に調査団を派遣し、地方公聴会を9回も開催しながら、完成したのは毒にも薬にもならない分厚い報告書だつたのだ。

 たとへば、憲法9条に関しては、報告書は「9条に対する評価」として次のやうに説明する。

《安全保障については、9条がこれまで我が国の平和や繁栄に果たしてきた役割を評価する意見が多く述べられた。また、少なくとも同条1項の戦争放棄の理念を堅持し、平和主義を今後も堅持すべきであるとする意見が多く述べられた。》

 こんな意見が多くありましたといふ記述方式は、皇室の問題にもそのまま適用された。
「皇位継承」についての報告書の記述。

《皇位継承については、主として皇室典範の問題として議論が行われた。その主な議論は、女性による皇位継承の是非に関するものである。この点については、女性による皇位継承を認めることに慎重な意見もあったが、これを認めるべきであるとする意見が多く述べられた。》

 女性天皇を認めるべきといふ意見が多く述べられた、といふ記述は一見客観的に見えるかもしれない。

 ところが仰天しさせられるのは、女性天皇問題に関する報告書の立場は客観的どころではないことだ。

 衆議院憲法調査会の筆頭幹事である自民党の船田元は、報告書冒頭の所感で、「女性の天皇を認める方向性をいち早く打ち出したのは、当調査会であると自負しています」と自画自賛してゐるのである。

 衆議院憲法調査会を主導したのは、中山会長―船田筆頭幹事ラインで、二人とも女性天皇容認派だつた。憲法調査会で女性天皇容認の意見が多数を占めたことに中山と船田は欣喜し、これを憲法審査会の功績として誇つたといふのが事の次第だ。

 第9条問題では、何の方向性も示さうとせず、皇位継承問題で女性天皇容認の意見が多数を占めたと喜ぶ。これが我が国の国会に初めて設置された憲法調査会のお粗末な実情で、お気楽気分で作成された報告者が国民に見向きもされなかつたのも無理はない。
 
 (この項続く)





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ