上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■「日韓合意」は第二の「河野談話」だ(9)

 反日ゴロツキ国家の本性を現し始めた韓国

 


 慰安婦問題の日韓合意で、韓国が早々と反日ゴロツキ国家の本性を現し始めた。

 日韓合意による拠出金10億円が韓国側に送金されたのを確認するや、韓国がすかさず日本に突き付けてきたのが、安倍首相名で元慰安婦に「おわびの手紙」を出せといふ要求だ。

 この要求は「和解・癒やし財団」から出されたことになつてゐるが、韓国政府と財団は一心同体だから、「おわびの手紙」要求の主体は韓国政府そのもので、韓国政府当局も公式に言明し始めてゐる。

 9月29日に行はれた韓国外務省当局の記者会見を朝鮮日報は、
《日本側の「感性的な措置」期待 慰安婦問題で=韓国外交部韓国外務省》
といふ見出しで、次のやうに報じた。

《韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は29日の定例会見で、旧日本軍の慰安婦被害者に安倍晋三首相の名前で謝罪の手紙を送るよう求める要請書を日本の民間団体が内閣府に提出したことと関連し、「日本側が被害者の心の傷を癒やす感性的な措置を取ることを期待している」と述べた。

 韓国政府が慰安婦被害者に対する日本側の「感性的な措置」について言及するのは初めて。

 日本政府が昨年末の合意に基づいて拠出した10億円を慰安婦被害者に支給するといった合意履行の過程で、謝罪の意を示す追加の措置が必要との立場を示したものとみられ、日本側の反応が注目される。

 韓国外交部は合意に基づき韓国で設立された「和解・癒やし財団」の内部でも、安倍首相の手紙を含む日本側の追加措置に関する意見交換があったことを明らかにしている。》

 元慰安婦に対する日本側の「感性的な措置」が、すなはち「日本国総理大臣名のお詫びの手紙」といふわけだ。

 元慰安婦に対する「金銭的な措置」はすでに10億円ふんだくつたから、お次はアベにもつと頭を下げさせようと朴槿恵は考へたものらしい。習近平にはいいやうにあしらわはれてゐる朴槿恵も、安倍晋三はゴネれば何でもいふことをきくと思つてゐる。

 朝鮮日報の記事に出てくる「日本の民間団体」といふのは、上野千鶴子らが発起人になつて発足した「慰安婦問題解決の会」のことで、「慰安婦問題解決の会」は9月28日、参議院議員会館で記者会見を開いた。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/25273.html
 上野千鶴子らのはしやぎぶりはどうだらう。日本のサヨクが韓国と呼応して騒ぎ立てるといふ、慰安婦問題のおきまりのパターンである。日韓両国で慰安婦運動が再燃し始めたことが分かると思ふ。再燃させた元凶はもちろん日韓合意である。

 慰安婦像問題をうやむやにしたまま、10億円を拠出させられながら、「日本は日韓合意の約束を果たした。あとは韓国内部の問題だ」などとノー天気に嘯いてゐたのは一体どこのどいつだ?

 安倍「呆韓」外交をほめそやしたアベ「幇間」記者の産経・アビル某など、韓国による「お詫び手紙」要求問題は無視を決め込んでゐる。
 
 なんならオレが代はりに書いてやらうか。

 「安倍首相は対韓国外交において素晴らしい功績を上げた。韓国政府は、慰安婦像撤去問題に頬かむりしたまま、日本から10億円をむしりとつたのみならず、安倍首相に更なる謝罪要求を突き付けてきた。このやうに韓国政府に反日の本性を露呈させたことは、日韓合意の成果でなくてなんであらうか。」

 



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。