■稲田朋美の変節と安倍晋三の変節(4)

 
 「変節」むなしく「初の女性首相」が夢と消えた稲田朋美




 5月に開催されたゲイの祭典「東京レインボープライド2016」に参加した稲田朋美は、記者団から過去の言動とは違はないかと問はれて、かう答へた。

《私自身は男らしさとか女らしさといふことを言つたことは今まで一度もないし、男は男らしく女は女らしくすべきだといふふうには思つてゐないし、自分自身もそんなふうにして育つてきていないので、自分としては全く矛盾はない。》

 よくもこんな大嘘を平気で口にできるものだと感心してしまふ。

 10年近く前、稲田朋美は雑誌にこんな文章を書いてゐる。

《ジェンダーとは「社会的・文化的に形成された性別」である。国の第二次(男女共同参画社会)基本計画では「文化的」という言葉が削除された。自民党の議論の中で「男らしさ」「女らしさ」の区別にもとづく鯉のぼり、ひな祭りなどの日本の伝統文化を否定するのかという批判が相次いだからである。

 しかし「文化的」という言葉を削除したことで問題は解決したのだろうか。「社会的性差」を否定することは、すなわち「男らしさ」「女らしさ」を否定することに他ならない。》(平成19年「別冊正論」第7号)

 その他、ジェンダーフリーについて稲田が書き散らした活字の証拠は山ほど残つてゐるのに、そんなこと言つた覚えはない、とあつさり否定してしまふ厚顔さ。

「女性の割合を上げるために能力が劣っていても登用するなどというのはクレージー以外の何ものでもない」と男女共同参画社会基本法をこきおろしたこともある。

 フェミニズムを敵視してゐた稲田の言動が、自民党政調会長になつてからどのやうな変貌をとげたか?

 昨年9月、稲田がワシントンの「戦略国際問題研究所」(CSIS)で講演したことは前述の通りだが、日本の防衛問題には通り一遍触れただけで、稲田が安倍政権の目玉政策として講演の半分以上を費やしたテーマは女性政策だつた。

 その一部をちよつと紹介してみようか。

《女性活躍も大きな課題です。最近、私たちは女性の社会進出を促進するため、新しい法律を制定しました。この法律により、企業は女性の採用、登用、能力開発などのための行動計画を策定しなければなりません》

《私が弁護士になったのは約30年前です。私が弁護士事務所で職探しを始めたのは25歳の時ですが、若い女性を雇う会社はありませんでした。私の夫は、私と同時期に司法試験に受かりましたが、数え切れないオファーを受けていました。しかし、私は女性であるがゆえに何のオファーもなかったのです。少なくとも、私はそう信じていました》

《結局、私はある弁護士事務所から、少なくとも5年間は結婚しないという条件付きでオファーを受けました。現在、そのような条件付けを行われることは、想像すらできません》

《しかし、日本の男女平等の指数は世界142カ国中104位です。これは、企業における管理職割合と政治参画が惨澹たる結果だからです。女性の国会議員はわずか10%です。私はちょうど10年前に政治家になりました。私は、自身の選挙区から選出された59年ぶりの女性衆院議員です》

《日本にはM字カーブという言葉があります。女性が結婚や出産を機に仕事をやめ、子供が成長してからようやく仕事に戻るので、子育て世代の女性の就業数が減ってしまい、Mの字になるということを表しています。これらの女性にどのようにフルタイムの雇用に戻ってもらうかが大きな課題です》

《女性活躍の政策は、女性のためのものではありません。私は行革担当相のときに、多様な働き方を推進する社会をつくるために、勤務時間の改革を提唱しました。何時間働いたかではなく、何を成し遂げたかで評価しなければなりません。女性が働きやすくするためだけではなく、男性がより充実した人生を送るために、ワークライフバランスを評価するメカニズムも必要です」》

《 8月末には東京で、女性が輝く社会に向けた国際シンポジウムの第2回会合を開きました。女性の活躍を支援するため、国民の意識を高め、世界のグッド・プラクティスを共有する取り組みを世界にも広めたいと思っています》

 「男女平等の指数」だとか「M字カーブ」だとか「ワークライフバランス」だとか、そのへんのフェミニストが言つてゐることとなんにも変はらない。

 といふより、今の安倍政権が言つてゐることとなんにも変はらない、といふべきだらうか。

 ほとんどトチ狂つてゐるとしかいひやうがない。CSISは戦略問題で世界有数のシンクタンクである。戦略問題の専門家を前にして、日本の「M字カーブ」だとか「ワークライフバランス」だとかを力説した日本の与党の政策最高責任者。

 稲田が訪米したのは、日本初の女性宰相候補たる自分のPRと、安倍政権のフェミニズム政策のPRを兼ねたものだつた。安倍首相に忠誠を尽くす一方で、ちやつかり自分もPRするといふ寸法。

 かつてはジェンダーフリー反対運動の急先鋒にゐた安倍首相がいつのまにやらフェミニズムの信奉者に変節した。政権延命のためなら変節なんか構つたことじやない!

 忠実なる安倍信者である稲田朋美は安倍首相の変節をそのまま受け入れた。それだけの話だ。

 国会で稲田防衛大臣は、防衛問題についての無知をさらけ出してお粗末な答弁を繰り返し、8月15日の靖国神社参拝を回避するための姑息な小細工を追及されて涙ぐんだ。

 でも、いくらアリバイづくりのための海外逃避とはいへ、アフリカの紛争地ジブチに乗り込まうといふ日本の防衛大臣が、サングラスをかけて、原宿を闊歩するギャルみたいな服装で出かけるのはマズイんぢやないだらうか。

 一連のドタバタで、ポスト安倍レースにおいて稲田朋美が「初の女性首相」となる目は消えたといはれてゐる。

 安倍首相に寵愛されてゐると信じ切つて、「変節」までお付き合ひして御追従につとめたのに。お気の毒に。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ