上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■「トランプ大統領」におののく日本(3)

 「女性が輝く社会」をヒラリーに賞賛されて舞ひ上がつたフェミ総理
 ヒラリーからの手紙を得々とフェイスブックに掲載 





 米大統領さなかの9月19日にニューヨークでヒラリー・クリントンと会談した安倍首相は冒頭、こんな風にヒラリーに話しかけた。

 《私の政権が進めている「女性が輝く社会」の取組みを最初に支持して頂き感謝します。経済成長には女性の潜在力の解放が不可欠とのお考へに共感いたします》

 日本の新聞は、安倍・クリントン会談で日米同盟の強化で一致などと書いてゐたが、ヒラリーとの会談で安倍首相がはじめに持ち出したのは「女性が輝く社会」の話題だつたのだ。

 これに対してヒラリーも、安倍首相の進める女性のエンパワーメント政策や女性活躍促進政策を賞賛する言葉を返した。

 安倍首相がヒラリーに、「女性が輝く社会」の取組みを最初に支持して頂き感謝しますと述べたのは、次のやうな経緯があつたからだ。

 安倍首相が「女性が輝く社会」といふ口あたりのいいスローガンを掲げてフェミニズム路線を突つ走り始めた頃、ヒラリー・クリントンから一通の手紙が届いた。

 安倍首相の女性重視政策を支援するといふ内容で、

 「女性による貢献で日本経済が繁栄するといふ将来ビジョンを訴へてくれたことに感謝する」

 「私は首相のパートナーであることを誇りに思ふ。いかなる方法でも支援したい。前進せよ!」と締めくくられてゐた。

 安倍首相はこの手紙によほど感激したらしく、自分のフェイスブックに手紙の写真まで公開してかうつぶやいた。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=428151600641622&set=a.132334373556681.21871.100003403570846&type=1

 《 「Onward!(前進あるのみ!)」
 ヒラリー・クリントンさんからいただいたお手紙は、そんな力強い言葉で締め括られていました。
「女性が輝く社会をつくる」という私の考えを強く支持する、とわざわざお手紙を送ってくれたのです。
女性が輝けば、日本は、世界は、もっと輝く。
「前進あるのみ」です。》

 アメリカの超フェミニストから「Onward」(進め!)と命令されて喜色満面、「はい、進みます!」と命令に服す日本国総理。

  戦後レジームからの脱却どころか、やつぱりこの人、対米属国国家日本を象徴する総理大臣と位置づけるのが正しいやうに思ふ。

(この項続く)








スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。