■安倍謝罪外交の集大成としての真珠湾訪問(続)



 アメリカ議会で謝罪した前科持ちの安倍首相
 戦争の哀れな敗者を演じてくれるのを期待するトランプ
 



  安倍首相の真珠湾訪問はオバマ大統領の広島訪問とのバーターだといふ見方がある。

 馬鹿馬鹿しい、一体どこがバーターなのだ。

 形式上はバーターのやうに見えるが、オバマ大統領の広島訪問と安倍首相の真珠湾訪問との「取引」は実質的にはバーターなどではありえない。

 オバマ大統領の広島訪問は文字通りただの訪問だつたが、安倍首相の真珠湾訪問は「謝罪」だからだ。

 オバマ大統領の広島における長々とした演説は噴飯物だ。

《71年前の明るく晴れ渡つた朝、空から死神が舞ひ降り、世界は一変しました。閃光と炎の壁がこの街を破壊し、人類が自らを破滅に導く手段を手にしたことがはつきりと示されたのです。》

 広島があたかも天災に遭遇したかのやうな、日本を舐め切つたこの言ひ草!

 広島に惨禍をもたらした直接の当事者のことには一言も触れずに、広島の原爆惨禍を人類の悲劇と称し、このやうな悲劇を二度と繰り返さないようにしようと述べ立て、あとはひたすら平和教の説教を垂れたのだ。

 「核兵器なき世界を追求しなければならない」といひながら 「この『死の道具』が狂信的な者たちに渡らないやうにしなければならない」と核保有国の核独占体制維持を抜け目なく宣言するといふレトリック。

オバマの演説は原爆とアメリカとの関係を徹底的に遮断するところから成り立つてゐる。

 オバマが欲したのは、現職米大統領初の広島訪問といふ「レガシー」を残すことだけで、広島を利用して平和愛好国アメリカを世界にアピールするといふオバマの目的は十二分に達成された。

 安倍首相も真珠湾を訪問して日米「和解」を演出し、平和の貴さを世界にアピールするのではないかといふ人もゐるかもしれないが、お門違ひも甚しい。

 オバマ大統領は広島訪問の前も後も、原爆投下の責任問題など言及したことはない。

 他方、安倍首相はどうか?

 この人、アメリカに対して日米戦争について謝罪した「前科」があることを忘れてはならない。

 安倍首相は平成27年4月にアメリカの上下両院合同会議において、稚拙な英語で次のやうに演説した。

《先刻私は、第二次大戦メモリアルを訪れました。(中略)金色の星は、自由を守つた代償として、誇りのシンボルに違ひありません。(中略)歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。私は深い悔悟を胸に、しばしその場に立つて、黙祷を捧げました。》

 外務省訳の「深い悔悟」は英語の原文では、
 deep repentance
 となつてゐる。

  repentanceは、「後悔」「悔い改める」といふ意味だから、日本のやつた戦争を「悔い改める」と言明したわけだ。、

 安倍首相は日米戦争についてこのやうに謝罪した上で、大東亜戦争についても言及した。

《戦後の日本は、先の大戦に対する痛切な反省を胸に、歩みを刻みました。自らの行ひが、アジア諸国民に苦しみを与へた事実から目をそむけてはならない。これらの点についての思ひは、歴代総理と全く変はるものではありません。》

 「痛切な反省」

 「アジア諸国民に苦しみを与へた事実」

 絵に描いたやうな日本侵略史観を、並み居るアメリカの上下両院議員たちにご披露してくれたわけである。

 安倍首相は帰国後、上下両院合同会議で18回のスタンディングオペレーションを受けました、なんてくだらないことを自慢してゐたけれど、アメリカの議員たちがスタンディングオペレーションをするのは当たり前だ。日本の総理大臣がアメリカ国民に謝罪してくれたのだから。

 オバマ大統領と安倍首相の共同記者会見では、安倍首相そつちのけで、記者の質問はボルチモアで起きた黒人暴動に関してオバマ大統領に集中した。

 アメリカの記者たちも、日本から来た総理大臣が「歴史修正主義者」どころか、アメリカに従順な忠犬ポチ公にすぎないことをよく理解してゐたのだ。

 さて、日米戦争についてアメリカ国民に謝罪した前科のある日本の総理大臣が、戦争の発端となつた真珠湾を訪問すると、どういふことになるか?

 真珠湾攻撃に repentance の気持ちを表明するために真珠湾を訪問したと受けとられるのは目に見えてゐる。

 アメリカ国民は当然さう考へる、世界各国もさう考へる。

 次期大統領のトランプもツイッターで、安倍首相の真珠湾訪問を歓迎すると表明した。アメリカが戦争の勝利者であることを世界に誇示できるからだ。

 トランプは正直である。

 きつと、この日本のお坊ちやん総理がハワイで戦争の哀れな敗者を演じてくれるのを期待してゐることだらう。

 オバマとトランプの考へ方は共通するところが少ない。

 しかし安倍首相の真珠湾訪問は、オバマも歓迎し、トランプも歓迎する。

 日本の総理大臣がアメリカにペコペコするのを見るのが好きなのは、民主党の大統領も共和党の大統領も変はらないのである。


    (この項続く)





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ