■トランプはアメリカのトイレの救世主か?(続)



 ドナルド・トランプは過去に、トランスジェンダーのトイレ選択の自由を禁止したノースカロライナ州法について、ノースカロライナ州の法律は極端で、法律など制定せずそのままにしておけばよかつたと語つたことがある。

 そして、ケイトリン・ジェナーのやうなトランスジェンダーが女子トイレを使用することにもまつたく抵抗はない、とも述べた。

 ケイトリン・ジェナーとは、アメリカの元陸上競技選手で、モントリオールオリンピック十種競技の金メダリスト。性同一性障害を公表し、ブルース・ジェンナーから女性名のケイトリンに改名したトランスジェンダーだ。

 トランプがこの発言をしたのは2016年4月。大統領選予備選挙で共和党候補の指名をほぼ確実にした頃だつたが、その翌日には、ノースカロライナ州法に関する前日の発言をあつさり撤回してゐる。

 ドナルド・トランプといふ男は、一年間に及ぶ大統領予備選挙を終へた時点でも、トランスジェンダー問題に関するなんの定見も持つてゐなかつたことが分かる。
 
 同性婚問題についてもさうだ。

 予備選の最中には、連邦最高裁の同性婚合憲判決は見直す必要があると発言したかと思へば、本戦の終盤では演壇に仰々しくレインボーフラッグを掲げ、LGBTの皆さんの権利を守りますとアピールしたのだ。

 見事なまでの無定見・無節操ぶりで、本人もLGBT問題でコロコロ意見を変へることなど一向に反省する風もない。

 この無定見ぶりは大統領に就任してからも変はらず、トランプ政権は発足早々、オバマ前大統領が2014年に署名した職場での差別からLGBTを守るといふ大統領令を維持するといふ声明を出した。

 ここでLGBTの活動家たちを喜ばせておいて、今度は一転して、トランスジェンダーのトイレ使用問題ではオバマ政権の方針を撤回したわけだ。

 一説によると、トランプ政権がオバマの大統領令を維持するといふ声明を出すに際して、娘のイヴァンカと夫のクシュナーが影響力を行使したとされるが、トランプにとつては、どつちでもよいことだつのだらう。トランプにとつてはLGBTのことなど大した問題ではないのだ。

 ドナルド・トランプはかつては、民主党の側にゐた人間だ。

 トランプは無定見と言つたが、LGBT問題などについての考へはおそらく民主党に近い。

トランプ政権をめぐるアメリカの動きをみてゐると、反リベラリズムとリベラリズムの闘ひみたいだが、トランプの本質は反リベラリズムでもなんでもない。反リベラリズムなどといふ高尚な思想をこの男は持ち合はせてゐない。

 本来LGBTフレンドリーなトランプが、大統領として反LGBT的な政策をとらざるをえないのはなぜか?

 簡単である。トランプが共和党の大統領であるからである。

 トランプが大統領としてLGBTフレンドリーな政策を打ち出したらどうなるか・

 共和党の主流派勢力はただちにトランプを大統領から引きずりおろしにかかるだらう。

 共和党主流派にとつて、トランプが失脚して副大統領のペンスが大統領に昇格するのが一番望ましいことなのだから。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ