FC2ブログ
■不敬極まりない御陵の世界遺産登録(6)
 
 
 



   ●サヨク考古学者と観光業者が結託する日


 


 天皇陵の問題を考へるにあたつては、考古学者といふ反日勢力の実態をよくわきまえておく必要がある。

 私の手元に、反日考古学者らが書いた『天皇陵を発掘せよ』(三一新書)といふ本がある。

 この本は、日本の考古学者たちが天皇陵の暴露を自己の使命と心得てゐることをよく教へてくれる。

 これら反日考古学者たちは天皇陵といふ言葉を使はない。

 やむなく使はざるを得ないときは、「天皇陵」とカギカッコをつける。

 その理由は以下のやうに説明される。

《特定の人の墓だけを「陵」という変わった表現で呼ぶ理由はないうえ。「天皇陵」の指定(宮内庁用語では「治定」」)は、古くなればなるほどいい加減で、カギカッコをつけているのです。》

《主権在民の現代、日本人民はすべて対等平等です(死者もまた、当然対等平等でなければなりません。天皇・皇后の墓だけを「陵」という特別の用語で呼ばなければならない理由はありません。》

《当然、現代の常用の名詞としては死語にしなければならない言葉です。》

《要するに、「天皇陵」というものは、正確な歴史的由緒があって維持管理されているものではなく、近世に醸し出され、近代に肥大化した天皇制イデオロギーが創作した産物が、現代に温存されているものに過ぎません。》

《もともと根拠がなかったものを、1500年も後になって指定し直したのですからナンセンスというよりほかありません。そういうものを、現代日本人民「天皇陵」として押し付けられているのです。》

 主権在民だとか日本人民だとか天皇制イデオロギーだとか、サヨク史観が丸出しで表現され、かれらにとつて天皇といふ存在がいまだに「階級敵」であることをよく示してゐる。

 「反人民」にして「階級敵」である天皇の墓は暴かれなければならないのだ。

 天皇陵は反日考古学者の暴露攻勢にさらされてきた。今もその状況は変はらない。

 天皇陵を単なる客寄せ資源としか考へない自治体や観光業者が、反日考古学者と結託する可能性は十分にある。

 天皇陵を俗化させるといふ点でかれらの利害は一致してゐる。

 長い歴史の中で盗掘、侵食、荒廃などの憂き目をみてきた天皇陵は今、世界遺産化によつて新たな危険性をはらむことになつた。

 そのことを忘れるべきではないと思ふ。








スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ