上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■女性皇族の「称号保有」といふワナ ④

◎「称号保有」への巧妙な誘導◎

 有識者ヒアリングでは、園部にピエロ役を演じさせながら、その裏で実に巧妙に「称号保有」への誘導が行はれてゐることに気づく。

 それは例へばこのやうな具合に行はれた。

《▼園部参与 昔流に言うと、皇族が結婚して臣下に降嫁されるということになりますね。その場合にそういう例もあったわけですけれども、そういう状況になっても、皇族である女性は、皇族としての地位あるいは尊称を維持することは可能だと思われますでしょうか。》
                     (第1回ヒアリング)

《▼園部参与 眞子内親王殿下、佳子内親王殿下がそれぞれ御結婚されても、その身分を失わず皇族として、あるいは皇族の尊称を得たまま、実際にお住みになるところは、必ずしも皇居の中とか東宮御所の近くとかではなくて、ちょうど黒田清子様のような状態になる可能性もないわけではない。》 (第2回ヒアリング)

《▼園部参与 内親王や女王の尊称を続けられるという形を取った場合に、それは内親王や女王の尊称はあるけれども、皇族ではないというふうにとらえますと、皇族でもないけれども、一般国民でもないという何か新たな身分ができることになるのではないでしょうか。》
   (第2回ヒアリング)

《▼園部参与 ・・・・・・どういう御活動について、女性皇族や民間人として、その御身分で、もちろん、尊称は内親王、女王ということであっても、どういう御活動がふさわしいと思われますでしょうか。》
  (第3回ヒアリング)

《▼園部参与 民間のお立場で皇室の御活動をなさる旧皇族と申しますか、皇族の御身分を離れて尊称だけ、例えば内親王とか女王という形で引き継がれて、それでいろいろな皇室の御活動をその方々にお願いするという場合、皇族方が行われる皇室の御活動と皇族でない方が行われる皇室の御活動をどのように区別することが大事であるか。》(第3回ヒアリング)


《▼竹歳副長官 ・・・先生のお考えだと制度の問題であるから、次世代へ先送りしないで、例えば今の尊称の問題とか、さらに抜本的解決とおっしゃった旧宮家の皇籍復帰とか、そういう手を今、直ちに打つべきだというようなお考えになるでしょうか。》
    (第3回ヒアリング)

《▼園部参与 皇室の御活動について、皇族の御身分をお持ちの方になさっていただく場合と、皇族ではないものの、内親王等の御尊称をお持ちの方になさっていただく場合と、国民の受け止め方に何か違いが生ずることがあるでしょうか。》
 (第5回ヒアリング)

 ほとんど笑つてしまふのは第6回ヒアリングである。

 硬直化した女系天皇論者である所攻氏は、同志であると信じ切つてゐる園部逸夫らを前に持論の女性宮家創設論を展開する。しかし園部らは、所氏の女性宮家創設論を完全に無視。そして、なぜか所氏が否定的見解を述べた尊称問題にしきりに話を持つてゆかうとするのだ。

《▼竹歳副長官  ・・・今の尊称に絡むわけですけれども、旧典範44 条という規定があって、一つの質問はなぜその例外が認められていたかということと、2つ目は、今はそういう例外的な状況に当たるのではないか。君臣の身分を分けるというのは大事だとおっしゃいましたけれども、新例を開くという意味では、ここで新例を開いてもいいのではないかということについては、どうお考えでしょうか。》

《▼園部参与 女性皇族方が皇族の身分を離れられた後に、尊称をお持ちにならずに皇室の御活動を行われる場合、国民はそうした御活動を皇室の御活動として受け止めることになるでしょうか。あるいは皇室の御活動として自然に受け止められるようになるためには、何か適切な方法があるでしょうか。》

 一方、第6回ヒアリングで、所氏の後に登場した八木秀次氏は女系天皇・女性宮家創設に反対論を述べたあと、「『女性宮家』を創設しなくても内親王・女王の称号の継続と予算措置によって皇室の活動をサポートして頂くようにすればよい・・・・・身分は民間人、皇位継承はない」と尊称維持賛成論を開陳した。

 称号保有論に対して、官房副長官や園部らが次のやうに問ひかける。

《▼長浜副長官  (皇位継承と)切り離した場合(の選択肢)は・・・「『女性宮家』を創設しなくても内親王・女王の称号の継続と予算措置によって皇室の活動をサポートして頂くようにすればよい」、これが結論でよろしゅうございますか。》

《▼園部参与  女性皇族方に皇族の身分をお離れになった後に、尊称をお持ちいただくとした場合、この尊称をお持ちいただく女性皇族としては、内親王殿下あるいは女王殿下のどの範囲までがふさわしいとお考えでございましょうか。》
  
 称号問題について八木氏はこんな発言をしてゐる。

《両陛下をお助けするようなシステムをつくるとするならば、これしかないというのが私の意見であります。決して正直なところ、積極的にこれを推しているというわけではなく、ここが唯一の落としどころではないのかと考えているということです。大方の方々の合意が得られるのはこれしかないと。》  

 このブログで先に取り上げた百地章氏を思ひ浮かべる人もゐるかもしれない。「飛ンデ火ニ入ル夏ノムシ」といふ言葉が想起される。《唯一の落としどころ》などといふ三流政治家じみたセリフは、皇室典範改正は緊急を要するといふ園部羽毛田一派が発案した奸計(天皇過重公務皇女分担論)に乗せられてゐなければ決して出てこないセリフであらう。皇室典範改正問題を足して2で割る発想で処理しようといふ神経! なぜ今慌てて皇室典範を「改正」する必要があるのか? 園部一派らのフェミニズ勢力に皇室典範をいぢらせてはならない。

(この項続く)



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。