羽毛田・園部らの奸臣一派は、はじめから女系天皇を実現することしか考へてゐないと言つていい。

無知なマスコミ・国民、それからアホな保守派たちを引つ掛けるためにうちあげられた偽計的スローガン、それが「女性宮家の創設」だ。

週刊誌は奸臣一派の宣伝に踊らされ、女性天皇・女系天皇に反対する保守派にも、女性宮家ならいいのではないかと言ひ出す人があとをたたない。この人たち、もしかしたら、あの「皇室典範に関する有識者会議」が出した報告書さへも読んでないのではないか。

吉川・羽毛田・園部・古川らが主導して作成した、フェミズム色と反天皇色に彩られた「皇室典範に関する有識者会議報告書」(平成17年11月)は、グダグダと女系天皇のメリットを書き連ねたあげく、「このような意義に照らし、今後における皇位継承資格については、女子や女系の皇族に拡大することが適当である」と高らかに女系天皇擁立の結論を宣言した上で、こんなことを書いてゐる。

「なお、皇位継承資格を女子に拡大した場合、皇族女子は、婚姻後も皇室にとどまり、その配偶者も皇族の身分を有することとする必要がある」

女性皇族も皇位継承資格を有するわけだから、女性皇族は結婚した後も当然、皇室にとどまることになる。そして配偶者も皇族となる。

その時の、この女性皇族の称号は? 

当然、○○宮といふことになる。

女性皇族が婚姻後も皇室にとどまるためには、女性宮家の創設が前提とならざるをえない。女性宮家といふ制度がなければ、女系天皇の制度をつくることはできない。女性宮家の創設は、女系天皇制度の創設が前提となる。女系天皇制度をつくるのでなければ、女性宮家も必要はない。

女系天皇と女性宮家は一体の関係にある。ただ、この報告書が、女性宮家といふ言葉を使つていないだけの話である。


奸臣勢力は、「女系天皇問題と女性宮家問題を切り離して論議する」といふ宣伝をしきりに流してゐるが、切り離して論議できるわけがないことは考へなくて分かる。

切り離して論議できると勘違ひしたオッチョコチョイたちが、踊り始めるのをみて奸臣どもはほくそ笑んでゐる。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ