上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●女系天皇派に利用される葦津珍彦

 葦津珍彦ほど女系天皇派に利用されてゐる神道思想家はゐないでせう。葦津珍彦は戦前は東條内閣などに対峙し、戦後は神社新報などを中心に健筆をふるひ数々の著作を残した神道思想家です。皇位継承問題について、葦津は昭和二十九年発行の『天皇・神道・憲法』(今は『日本の君主制』に収録されてゐます)に次のやうに書いてゐます。

《日本皇室の万世一系とは、男系子孫一系の意味であることは論をまたぬ。然るに、女系の子孫(それが男であれ、女であれ)に対して、皇位が継承せられるとすれば、それは万世一系の根本的変革を意味する。われわれの断じて承認しがたいところである。》

 女系継承は断じて承認しがたいと男系男子継承の立場を表明した上で、庶子の皇位継承権について、次のやうに述べます。

《ただ新典範に於ては、皇統に属する者であっても、庶子に対しては皇族の身分を認めず、従って皇位継承権は認められないことになった。この点は、古来の皇位継承法、明治の典範が、嫡出優先主義の上に立ちながらも、庶子の継承権をも承認していたのに対して、注目すべき変革と云わなければならない。》

《然しながら皇庶子の継承権を全的に否定せる新法が、果たして日本将来の皇位継承法として適正なりや否やは甚しく疑わしい。(中略)帝国学士院発行の帝室制度史に掲げられている皇位継承表の中から、庶出の皇位継承の事例を算えて見るに、それは少なくとも五十五代に達する。》

《わが皇統が、庶出の皇子又は皇兄弟等によって継承されてきた事実は、決して無視さるべきではない。その数は殆ど半数に近い程の高い比率に達しているのである。》

《女系継承を認めず、しかも庶子継承を認めないと云う継承法は無理をまぬかれぬ。》

《しかしながら、皇庶子の継承権を全的に否認することは、皇位継承法の根本的変革を意味するものであり、同意しがたい。》
 
 このやうに、庶子継承を廃した現行典範に強硬な反対論を展開します。

 そして、戦後離脱された皇族の復籍問題については、復帰を認めないといふ立場から、次のやうに説明するのです。

《その事情の如何に拘らず、一たび皇族の地位を去られし限り、これが皇族への復帰を認めないのは、わが皇室の古くからの法である。》
《この法に異例がない訳ではないが、賜姓(国民の仲間入り)の後に皇族に復せられた事例は極めて少ない》
《この不文の法は君臣の分義を厳かに守るために、極めて重要な意義を有するものであって、元皇族の復籍と云うことは決して望むべきではないと考えられる》

 葦津の主張を簡単にいふと、皇位は庶子の継承を認めることによつて保たれてきた。しかるに現行の皇室典範は庶子継承を認めてゐないので、男系男子継承を維持するためには、庶子継承を認めるよう皇室典範を改めなければならない、といふことにつきます。

 さて女系天皇派を見渡すと、たとへば高森明勅氏などは、『歴史で読み解く女性天皇』で、葦津説をこんな風に登場させてをります。

《だが、「庶出」継承の可能性を閉ざす一方で、「男系の男子」限定をそのまま旧典範から踏襲したのは、不用意なことだった。これについては、早く昭和29年の時点で葦津珍彦氏が「男系」限定の立場ながら、次のように警告していた。
「女系継承を認めず、しかも庶子継承を認めないと云う継承法は無理をまぬかれぬ。」
「皇庶子の継承権を全的に否認することは、皇位継承法の根本的変革を意味する」と。
 庶出継承の否認は、まさに「根本的改革」だった。律令法には9人の側室が規定されており、実例では30人くらい側室がいたケースがあった。
だが、それがトータルに、否定された。これによって、皇室の歴史はまったく新しい段階に突入したのだ。》

 むかしの天皇は何十人も側室を抱へて子供を大量に生ませたといふ、かつて反天皇制論者が好んだフレーズは、いまや高森氏のオハコになつた感がありますが、高森氏がここで、側室否定で皇室の歴史は新しい段階に突入したといふ自説の補強に葦津氏を使つてゐることに御注目願ひます。「男系」限定の立場ながらと断つてはゐますが、この文章を読んだ人は、葦津氏は高森氏とまつたく同意見と受け取つてしまひかねません。でも違ふのです。庶子継承はもはや認められない、だから女系継承にしようといふのが高森氏の主張です。一方、庶子継承は認められない、だから庶子継承を認められるようにしようといふのが、葦津氏の主張なのですから。

 なにかをかしいなと思つて、高森氏の文章をよく読むと疑問が氷解しました。葦津氏は自著に次のやうに書いてゐます。
《しかしながら、皇庶子の継承権を全的に否認することは、皇位継承法の根本的変革を意味するものであり、同意しがたい。》

 この文章を高森氏は《皇庶子の継承権を全的に否認することは、皇位継承法の根本的変革を意味する》の部分だけを引用し、《同意しがたい》のくだりをカットしてしまつたのです。

 さらに、旧皇族の皇籍復帰について、先に掲げた葦津氏の文章を次のやうに引用するのですから、読者が葦津氏も高森氏と同意見と誤解するのも無理はありません。

《(旧皇室典範増補第6条の規定は)皇族であっても、ひとたび国民の仲間入りを意した以上は、二度と皇族にもどることはできないということだ。まして、その子や孫などに至ってたっては、言うまでもない。この条文の趣旨は現在の皇室典範にも受け継がれている。このルールを踏みにじってもよいのか。これへの回答は戦後神道界で最大の思想家とされた葦津珍彦氏が、旧宮家の皇籍離脱からわずか7年後の昭和29年の時点で、旧皇族の皇籍復帰を念頭に、こう述べている。
「その事情の如何に拘らず、一たび皇族の地位を去られし限り、これが皇族への復帰を認めないのは、わが皇室の古くからの法である。・・・この法に異例がない訳ではないが、賜姓(国民の仲間入り)の後に皇族に復せられた事例は極めて少ない・・・・この不文の法は君臣の分義を厳かに守るために、極めて重要な意義を有するものであって、元皇族の復籍と云うことは決して望むべきではない」と。
 この立場からすれば、「旧皇族」の皇籍「復帰」より、さらに「君臣の分義」を危うくしかねない、旧宮家系「国民男子」の皇籍「取得」など、論外だろう。》

 葦津氏は皇庶子の存在が皇位継承を維持させてきたと信じて疑ひません。世襲宮家の果たしてきた役割などはまつたく眼中にないのです。女系天皇派にとつては最も利用しやすいタイプといへるかもしれません。葦津珍彦の皇位継承論を読んでつくづく思つたのは、葦津レベルの人でも、男系で皇位が継承されてきた歴史の次第をよく理解してゐないらしいといふことです。これはかなりおそろしいことではあります。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。