『入江相政日記』を讀む―君側の奸の宮中処世術研究―(第二回)

●学習院教授から侍従に転身


 入江相政(すけまさ)は明治三十八六月二十九日、子爵入江為守の三男として東京・麻生に生まれた。母信子は伯爵柳原前光の長女で、前光の異母妹の愛子(なるこ)は大正天皇の生母である。昭和天皇には祖母にあたる。つまり、入江相政は昭和天皇と、はとこの関係といふことになる。

 父の入江為守は明治元年、冷泉家の冷泉為理(ためただ)の次男として京都に生まれ、冷泉家分家の入江家に養子となる。養父の入江為福(ためとみ)も柳原家から養子に入つた人で、柳原前光のいとこにあたる。

 冷泉家については、入江相政自身の説明を引用しよう。(『いくたびの春 宮廷五十年』)

《冷泉家は、藤原道長の六男の長家を元祖とする御子左家で、遠祖には、俊成、定家、為家というような歌人を出した関係もあって、歌を歌学とする大納言家で、代々歌の道で、皇室に仕えていた。》

 京都の冷泉家本家には、藤原定家自筆の「明月記」をはじめ、国宝、重文級の典籍二万点が所蔵されてきた。これらの典籍は八百年もの間勅禁とされ、入江家の御文庫には、当主とその長男しか入ることを許されず、相政の父為守(三男)も中には入れてもらへなかつたといふ。

 為守は貴族院議員を経て、東宮侍従長として皇太子(昭和天皇)に、のち皇太后大夫として貞明皇后につかへる。

 学習院初等科・中等科・高等科に学んだ相政は大正十五年、東京帝国大学文学部国文学科に入学(当時学習院に大学はなかつた)、大学では古典文学渉猟に明け暮れる。一時は大学に残つて文学研究の生活を送ることも考へたが、母校の学習院から「卒業したら来ないか」と声がかかり、昭和四年、卒業と同時に学習院の講師となる。 昭和八年に学習院の教授に昇格するが、翌年、学習院から「侍従になれといふ話がある」と聞かされる。

《私はもともと、一生、楽しんで、のどかに好きな本を読んで暮らそうと思って、文学部へ行った。・・・・・今になって、種類も性質も全く異なった職場へ移るうというのはどうだろうか》(前掲書)と迷つた末、父親に相談すると、「お前のいいと思うようにしろ」といはれる。結局、入江はこの話を受け入れ、昭和九年十月、宮内省侍従職侍従の身分となり、その後半世紀に及ぶ侍従人生をスタートさせる。

 宮内省入りしてまもなく入江は日記をつけ始め、刊行された『入江相政日記』(平成二年、朝日新聞社)は昭和十年一月一日の日記から始まる。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ