『入江相政日記』を讀む―天皇側近の人間学的研究―(第六回)


◆天皇とニクソンの会見(其の三)

 ●ニクソンショックに関する記述がない?『入江相政日記』●


 昭和天皇とニクソン大統領の会見が行はれた九月二十七日の入江日記には、前回紹介したアンカレッジにおけるセレモニーの説明の前に、次のやうな記述がみえる。

 昭和四十六年九月二十七日

《すばらしい天気。一年に何度といふやうなものである。(略)八時二十五分菊の間お立ち。現旧奉仕者多数お見立てのうちを八時三十五分御出門、途中大変な警戒。(略)東宮様お見立て。総理の御挨拶。お言葉もよかつた。九時三十五分離陸。ゆふべはよく寝たのでいい気持ちである。十時半より朝食。十一時二十分より五十五分まで福田外相奏上。この頃、朝来の記録をしつかりとる。》

 「十時半より朝食」といふ記述に注目されたい。朝七時に起床した天皇皇后は御所内での朝食を省略して、皇居であはただしくお見送り行事を済ませ羽田空港に向かつた。そして離陸して約一時間後に、天皇は機中で食事をされたのだ。天皇が行幸の前に朝食を抜いて、乗り物の中で食事をとるなど前代未聞のことだつた。

 本稿(第四回)に引いた八月七日の日記を、もう一度読んでみよう。

《長官が官長と予と残つたところで、アラスカへニクソンが迎へに来るといふこと報告、予はお上にとつては大変おとくなことだから是非実現させようといふ。その為に御出発が早まつても機中でお食事をすればいいと述べる。》

 「お上にとつては大変おとくなことだから是非実現させよう」「御出発が早まつても機中でお食事をすればいい」―この時の入江の発言がそのまま採用され、出発当日のスケジュールが全面的に組み直されたことが分かる。

 「十時半より朝食」といふ記述からは、「俺こそがこのスケジュールを決めたのだ。天皇と米大統領との会見を実現させたのは俺だ」といふ功名心が透けてみえる。(「朝来の記録」を「しつかり」とつたのはそのためだ)。総理大臣といへども(当時は佐藤栄作だつた)天皇に向かつて申し上げにくいだらう、「陛下の御予定にアメリカが割り込んで来たので、御出発を早めることになりました。ついては御所での朝食は抜きにして、お食事は飛行機に乗つてからお召し上がり下さい」とは。たしかに、侍従長だからこそ天皇にこんな無理を頼めたといへる。

 さてそれでは、入江侍従長は、天皇と大統領との会見を強硬なまでに要求してきたアメリカ側の思惑をどのやうに考へてゐたのだらうか? さう思つて、第一次ニクソンショック(訪中発表、七月十五日)と第二次ニクソンショック(金ドル交換停止、ドルショック、八月十五日)の『入江日記』の記述を探してみると、これがないのである。七月十五日も八月十五日も記事が抜けてゐる。

 入江は日記を毎日つけてゐたから、当然七月十五日と八月十五日の記事も存在してゐるはずだ。それが割愛されたのは取捨選択の結果である。記事の取捨選択の方針は入江の生前に朝日新聞側とかなり詰めてゐたから、七月十五日と八月十五日の記事の割愛にも入江の意向が反映されてゐるとみてよい。
 
 入江にとつて「不都合な真実」が含まれる記事は割愛され、そうでない記事は残された。さう考へても間違ひはないはずだ。あとで取り上げる皇族批判の記事などを残したのは、入江が皇族批判を「不都合な真実」とは考へてゐなかつたことを示してゐる。

 『入江日記』をよく読むと、入江にとつての「不都合な真実」にも二種類あるやうで、ひとつは、存在する記事自体が「不都合な真実」である場合、もうひとつは、記事が存在しないことが「不都合な真実」にあたる場合だ。つまり、その日に言及があつて然るべき事柄への言及が存在しないことが「不都合な真実」にあたつてしまふといふケースである。

 『入江日記』から七月十五日と八月十五日の記事が外されのはもしかすると、後者の「不都合の真実」によるものではないだらうか? つまり、七月十五日の記事にも、八月十五日の記事にも、ニクソンショックに関する記述がまつたく見当たらなかつたとしたら。天皇と米大統領の史上初めての会見が実現した歴史的な年だといふのに、会見を「実現」させた天皇側近の日記に「ニクソン訪中」の一言さへ存在しなかつたとすれば、読む人はどう受けとめるだらう?(ちなみに『入江日記』には、ニクソンショック翌日の七月十六日の記事は載つてゐて、妻の動静はじめ、さして重要とも思はれぬ内容が綿々とつづられてゐる。)

 これは十分ありうることである。この公家の末裔である侍従長の関心事は、天皇が欽仰を受けること、そして天皇の傍に侍立する自分も欽仰の余光を受けることにしかなかつた。文学関係以外の本などほとんど読んだこともなく、国際情勢などまるで関心の外。日本の頭越しの米中和解もアメリカの思惑も頭の片隅にさへなかつたと思はれる。

 国際情勢にはまつたく疎いこの侍従長が好んだものは、宮中政治だつた。七カ国訪欧が予定されてゐたこの年、彼は宮中における「魔女狩り」の問題で頭を一杯にしてゐた。

                (この項続く)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ