『入江相政日記』を讀む―天皇側近の人間学的研究―(第二十四回)

◆皇后腰椎骨折事件(第四回)
 
 ●侍医長候補杉村の追放に成功

 杉村昌雄の手記《「皇后陛下の腰痛」前後》からの引用を続ける。

《皇后さまのお腰の具合は、現在でもあまりおよろしくはないらしいが、私は、お怪我されてすぐこのときに、十分なお手当をして差し上げあげられなかったことがその原因の一つに違いないと思っている。ギブスベッド、コルセットについで、牽引、マッサージも腰の治療に欠かせないのだが、牽引装置を購入したり、マッサージ師をよぶことについても、侍医長が反対した。》

 杉村によると、《皇后さまがお怪我をされた前後から、私を両陛下のおそばから遠ざけようとする動きが出始めていた》といふ。

 杉村の追ひ落としを図つたのは侍従長入江相政と侍医長西野重孝の二人だ。

《・・・・その年の暮、入江侍従長が侍医の部屋に突然やって来た。
「先日、貴方はひとりで宇佐美長官に会いましたね。これは貴方の栄達昇進を目的とした自薦行為とみなします。この一件だけでも、私は貴方を侍医長にはしません。だから、来年三月には。必ず辞職しなさい」
 強引かつやぶから棒な辞職勧告であった。》

 年が明けた昭和五十三年一月七日、今度は、侍従次長の徳川義寛がやつてきた。

《貴方が速やかに退職するなら、俸給も一級昇格させてあげます。そして、退職金もそれにもとづいて払ってあげます。ただし、これは三月末までに退官した場合です。さらに、三月で辞めれば、貴方も御用掛として、今後も宮内庁に出入り出来るようにしてあげます。だから、一日も早く辞表をお出しなさい。」》

 侍従次長の徳川義寛は侍従長入江相政の腰ぎんちやく的存在で、入江の差し金で執拗に杉村に辞任を迫る。しかし杉村は頑強に抵抗し、昭和五十三年の一年中辞任攻防劇が繰り広げられる。明けて昭和五十四年一月三十日。入江の意を受けた侍従次長徳川義寛が杉村に再び退職金減額などを持ち出して辞職を迫る。

《「貴方の退職金を倍くらいにするように、私が人事院にいいました。だから、今月中に辞表を出して下さい。どうしても命令に従わなないのなら、七十歳の叙勲もとりやめてしまいますよ。また、宮内庁でも宮内庁病院のひら職員として扱い、いまの一級職から二級職に格下げしますよ。そうすれば退職金も半分ですからね」》

《二月一日、侍従長の代理の侍従職の事務主管から電話があった。
「明日から宮内庁に出仕してはいけません。午前中に辞表を出しなさい。理由は、貴方がやめない限り、四人の侍医の最も下の人を一級職に出来ないからです。侍医長は特別職なのでいつまでも在職していいから、貴方に辞めてもらうのです。天皇、皇后にもいっさいお目にかからないで下さい。」》

 結局、杉村昌雄は昭和五十四年二月五日に辞表に捺印させられた。

《同じ事務主管から電話で呼び出され、侍従次長のところに連れていかれた。そこには、徳川氏のほか、入江侍従長と宮内庁の秘書課長がいた。この三人と事務主管が、目の前のザラ紙に書いた仮の辞表に判こを押せと迫るのである。一時間ほど粘ったが、結局、脅迫的雰囲気の中で、捺印をさせられてしまった。印鑑は、役所備え付けのチビた三文判。私の出勤簿に役所のほうで押していたものだそうだ。》

《こうして私はついに二十有余年にわたる侍医の職を辞めさせられた。それ以来、私は両陛下におめにかかっていない。私が辞めさせられて一ヶ月ぐらいたったとき、天皇さまが、
「なぜ、近ごろ杉村はこないのか」
 と、仰せられたということをある人から耳にした。》

《私が辞任してから、一年半も侍医の中には外科医がいなくなってしまった。老齢で拝診のとき直立さえおぼつかない西野侍医長と、全く専門が異なる侍医たちが、皇后さまの骨折の予後をお世話申し上げていたのである。なんとも申し訳ないことではないか。》

 入江が一年半も外科医を不在のまま放置したのはなぜか? それは、新任の外科医がくれば、皇后の措置について関する杉村昌雄の主張が正しかつたことが露見してしまふからである。皇后の腰椎骨折事件は最後まで国民の目から隠蔽しなければならなかつた。
 
 侍従長入江相政は杉村昌雄をなんとしても侍医長にしたくなかつた。杉村が侍医長に就任すると、「直立さえおぼつかない」ヨボヨボの西野侍医長と違つて、実力者侍医長となつて、宮中における自分の権力を脅かす可能性があつたからである。杉村追放劇の本質は侍従長入江による敵対勢力排除工作といふことになる。入江は、女官今城誼子を追放することによつて、皇后の影響力を排除することに成功し、今また侍医杉村昌雄を追放することによつて、実力者侍医長を阻止することに成功したのである。

(この項続く)



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ