◆《二分の一女》は最高裁の広告塔だつた
 非難中傷浴びて増した《二分の一女》の利用価値

《自分の価値は二分の一じゃない》《私は『二分の一』を背負つて生きてきた》と、ことあるごとに二分の一を強調したのが、非嫡出子(婚外子)相続審判で最高裁に特別抗告した和歌山県の女性だ。《二分の一》をキャッチフレーズにマスコミに登場したこの四十すぎの女性を、私はご当人の御希望通り《二分の一女》(ニブンノイチオンナ)と呼んであげたいと思ふ。

 《自分の価値は二分の一じゃない》なんていかにも安つぽいフェミストのセリフそのものだけど、この手のクサい標語が大好きなマスコミはパクリとこれにを食らひついた。かくて《二分の一女》は《哀れな二号の子供》に仕立て上げられ、お涙頂戴の記事とレポートが濫造されたのだ。

 《二分の一女》がマスコミにもてはやされるのをみて、快哉を叫んだのは、隼町の住人たちである。《二分の一女》を婚外子問題違憲決定の広告塔に使はうといふ自分たちの目論見はものの見事に成功した! 違憲判断を下した隼町の住人たち―最高裁判事のお歴々は自分たちの期待した通りの《二分の一女》の活躍にこの上なく満足したはずだ。

 これまで合憲だと言つてきた非嫡出子(婚外子)相続規定に、突如違憲だといひくるめ、国民の目をくらますためには、道具立てが必要だつた。そこでかれらは原告の中から《広告塔》をさがし始めた。

《広告塔》の条件は、女で、ある程度若いこと。いかにも遺産相続争ひに首を突つ込みさうなババアに《哀れな二号の子供》でも演じられたら、すべてはぶちこはしになるからだ。四十を回つた年齢が若いかどうかは微妙なところだが、まあババアと呼ぶ年ではない。次に《広告塔》の条件として、同情されるべきストーリーを持つてゐること。これらの条件に適つたのが和歌山の《二分の一女》だつたといふわけだ。

《二分の一女》にはネット上で、さんざん非難中傷が浴びせられたが、隼町の住人たちにとつて、ネット上の非難中傷なんて痛くもかゆくもないどころか、非難中傷を浴びれば浴びるほど、《広告塔》としての利用価値が増したと喜んでゐたはずである。

 今回の婚外子相続規定違憲の筋書は、隼町の住人だけが描いたのではない。シナリオ作成で主導的役割を果たしたのは法務省である。つまり今回の婚外子相続規定違憲決定は、法務省と最高裁の連携プレーといふことになる。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

tensei211

Author:tensei211
ちば・てんせい。ジャーナリスト、政治評論家。フェミニズム論、天皇論を中心に執筆活動を展開してゐる。

北海道芦別市生まれ。千葉県在住。

フェミニズム論をまとめた著作として、『男と女の戦争―反フェミニズム入門』(展転社)など。フェミニズム関係の共著に『男女平等バカ』(宝島社)、『夫婦別姓大論破』(羊泉社)などがある。

執筆には、正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)を用ゐる。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ